3分で簡単セットアップ!fire tvの設定方法がわかる8つのステップ

fire tv 設定方法 セットアップ




fire tvの設定方法がわからん!

どうも、Kenです。ステーキソース、注入です。

 

Amazon Primeの映画をテレビで視聴できたり、HuluやU-NEXTなどの他のVODサービスも使えるようになるfire tv。

fire tv stickよりも最新版のもので、4K、HDRに対応しており、しかも音声認識のリモコンで操作できるようになったものです。

自宅にインターネットを配備したので、早速購入してみました。これがあればAmazon Prime会員ならば視聴できる3万点以上もの動画がこのデバイスとテレビを利用して鑑賞し放題になるわけです。

完全に廃人になる気配しかしませんが、fire tvを堪能する前に今日は、先ほど完了したfire tvの設定方法を忘れないうちにメモしておきますね。

 

 

3分でわかる!fire tvの設定の仕方

fire tvが自宅に届きました。

fire tv 設定方法 セットアップ

fire tvの中身はこんな感じで、

fire tv 設定方法 セットアップ
  • 本体
  • リモコン
  • HDMIケーブル
  • 電池
  • ACアダプタ

が入ってますね。fire tvの中身の準備が完了したら、いよいよfire tvの設定を行なっていきましょう。。

 

Step1. fire tvを電源につなぐ

まず、fire tvを電源に接続して命を吹き込んで行きます。

fire tvに付属されていた、

  • 本体
  • 電源ケーブル
  • ACアダプタ

の3つのパーツを次の写真のように接続し、ACアダプタを電源に繋いでおきます。

fire tv 設定方法 セットアップ

 

Step2. テレビのHDMI端子にさす

続いて、TVのHDMI端子を探してみます。

ちょうどこんな細長い形をしたもので、HDMIのケーブルで何かを繋ぐとその映像がそのテレビで楽しめるようになるのです。

今回はこのHDMI端子にfire tvを繋ぎますよ〜

fire tv 設定方法 セットアップ

 

Step3. リモコンに電池入れる

fire tvのリモコンに電池を入れましょう。

fire tvのセットに単四電池が同梱されているのでそちらを使用してもいいですね。

fire tvのリモンコンの裏面を矢印の方向に押し上げ、

fire tv 設定方法 セットアップ

電池ボックスをこじ開けて電池をセット。

fire tv 設定方法 セットアップ

 

Step4. HDMIの画面に切り替える

続いて、テレビの本当のリモコンを利用して、テレビ画面をfire tvが接続されているHDMIに切り替えます。

ぼくの場合、2つのあるHDMI端子のうちHDMI2に接続したのでそちらに合わせてみました。

fire tv 設定方法 セットアップ

無事にfire tvのセットアップ画面が表示されればこっちのもの。リモコンの再生ボタンを押して次へ進みましょう。

fire tv 設定方法 セットアップ

 

Step5. 言語を選択

fire tvで利用する言語を選びましょう。

fire tv 設定方法 セットアップ

日本語話者ならば日本語でいいでしょうね。

 

Step6. ネットワークを選ぶ

fire tvを接続するインターネットのWifi電波を選びます。

fire tv 設定方法 セットアップ

 

Step7. Wifiパスワード入力

Wifiパスワードを入力します。

fire tv 設定方法 セットアップ

fire tvのリモコンでカーソルを動かし、パスワードをこしこしと打っていきましょう。

fire tv 設定方法 セットアップ

 

Step8. Amazonアカウントを選ぶ

fire tvをインターネットに接続したら最後に、自分のAmazonアカウントを選択。

fire tv 設定方法 セットアップ

デフォルトではfire tvを注文したAmazonアカウントが設定されてますので、支障がなければおっけーボタンを選んで設定完了です。

fire tv 設定方法 セットアップ

 

さあ、fire tvで映画を鑑賞しまくろう!

以上がfire tvのセットアップ方法でした。

一度セットアップが完了してしまえば、Amazonプライムビデオに収録されている映画が見放題。

しかも、映画だけでなくアニメ、バラエティ番組、ニュース番組なども揃っているので最強のコンテンツデバイスと言ってもいいでしょう。

fire tvに興味がある方はよかったら利用してみてくださいね。

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

Eigarの編集・執筆を担当。生姜焼きと親子丼を日替わりで食べている。 Filmarksアカウントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。