映画「プロミスト・ランド」のサウンドトラックってあるの??




映画「プロミスト・ランド」のサントラを聴きたい!

どうも、Kenです。コーヒー色に染まってます。

 

企業による開発と住民による対立を描いた映画「プロミスト・ランド」。

美女が出てくるし、内容としてどんでん返し要素も含まれており、非常に見応えのある映画でした。

>>詳しくは「映画「プロミスト・ランド」のネタバレ」へ

 

しかし、この映画の見所は、何もストーリーやキャストにあるだけではなく、

映画に登場する音楽も優れていた映画だったのです。

早速、映画「プロミスト・ランド」のサウンドトラックを探して見たところ、ありましたありました!

  1. Logo
  2. Traveling
  3. Going to Work
  4. The Meeting
  5. The Bribe
  6. Classroom
  7. Turn Around
  8. Time Lapse
  9. Alice’s Farm
  10. Weepy Donuts
  11. Lighthouse
  12. Revelation
  13. The Speech
  14. Classroom (Alternate Version)
  15. Snake Eyes

>>こちらのページで視聴できます

 

全部で15曲ものサウンドトラックを収録しており、その大半の曲がDanny Elfmanという人物によるものです。

特にオススメは2つ目の「Travel」。

一番最後のエンディングロールで流れていた曲ですね。あとは、DVDのメニュー画面においても流れていた気がします。

最後の楽曲の「Snake Eyes」はThe Milk Carton Kidsというアーティストによるものでしたね。

 

映画「プロミスト・ランド」のラストシーンで流れていた曲は??

がしかし、です。

映画「プロミスト・ランド」のラストシーンで、主人公スティーブが住民に真実を暴露するシーンでの、楽曲がサントラには含まれていません。

調べて見たところ、やはり先ほどのThe Milk Carton Kidsによる、

The Ash&Clay

という曲であることがわかりました。


サイモン&ガーファンクルを彷彿させる綺麗な歌声のフォークソング。

聞いているだけで、映画「プロミスト・ランド」のラストシーンがフラッシュバックしてきますね。

映画「プロミスト・ランド」ですっかり、The Milk Carton Kidsのファンになってしまったので、アルバムを買ってしまいましたよ笑

 

サントラを聴くことで、映画「プロミスト・ランド」の後味に浸って見ましょう。

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

Eigarの編集・執筆を担当。生姜焼きと親子丼を日替わりで食べている。 Filmarksアカウントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。