1分でわかる!映画「スパイダーマン:ホームカミング」のあらすじ・ネタバレ・評価

スパイダーマン:ホームカミング ネタバレ あらすじ




映画「スパイダーマン:ホームカミング」の評価

得点 71点
ジャンル ヒーローアクション系
活用シーン デートなどの娯楽
推奨鑑賞人数 2人以上






 

 

映画「スパイダーマン:ホームカミング」のネタバレ・あらすじ

とある現代のアメリカ。

15歳の高校生のピーターが主人公。ピーターはなんと高校生ながらにしてスパイダーマンだったのです。

 

前回の戦いにおいて活躍したためか、アイアンマンからその才能と勇気を見出され、アベンジャーズへの入隊をさそわれ、研修などをしていました。

まだ見習いだったので、解決するのは小さな街の争いごとで、自動車の窃盗犯を捕まえたりしていました。

 

とある日。

銀行強盗を発見したスパイダーマン姿のピーターは、阻止しようとしますが、相手がとんでもない兵器を使っており、とり逃してしまいました。

じつは、この兵器は、

宇宙からのモンスターが残していった残骸を元に作られた未来の兵器

だったのです。どうりで強いわけだ。

 

※以下、ネタバレ※

 

 

この最強の兵器を密売している組織があり、スパイダーマンと、アベンジャーズのアイアンマンが協力して徐々に追い詰めていきます。

この密売組織のトップが、好きな女の子の父親ということを知ったピーターでしたが、愛よりも正義を優先し、父親を捕まえることに成功。

見事に、宇宙兵器の密売をストップしたのです。

 

こうして、ピーターの活躍もあり、事件を解決できたので、アイアンマンはスパイダーマンを正式にアベンジャーズに迎える予定でしたが、スパイダーマンはこれを拒否。

スパイダーマンであるピーターは、

「街の小さなトラブルを解決するんだ」

と言い捨て、この魅力的なオファーを断ったのです。

 

THE END

 

 

映画「スパイダーマン:ホームカミング」の感想

このスパイダーマン映画の見所は、

スパイダーマンの正体が親友にバレてしまうという点です。

ただ、バレるのではなく、バレたことにより、

親友とスパイダーマンが協力して敵を撃退する

という新しい未成年コラボを実現させていました。

 

あとはなんでしょうね、

正義とは何か??

を考えさせれる映画だと思います。

宇宙兵器を密売していた美女の父親は、美女を育てるために兵器を密売していたのであって、とくに世界を悪くしたいという根本的な悪人ではありませんでした。

 

「兵器の密売を止めて、世界の平和を守るべきか??」

それとも、

「自分が好きな女の子を育てている父の稼ぎ口を残してやるか??」

の2つでスパイダーマンである若者のピーターは揺れていたことでしょう。

ピーターがしっかりと正義を選び取ったことで、アベンジャーズに受け入れられるのですが、この時点で、

果たして、正義ってなんだっけ??

って思いました。

正義の定義は正義を語る人の立場によって変化するので、改めて難しいと感じます。

ピーターの選択は正しかったのか??

を鑑賞後に考えてみると面白いでしょう。

 

もし、

「ホームカミングってなんだよ?!馴染みねえよ!?」

とキレそうになっている方いましたら、こちらの記事を参考にしてくださいね↓笑

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

Eigarの編集・執筆を担当。生姜焼きと親子丼を日替わりで食べている。 Filmarksアカウントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。