【決定版】グレイテスト・ショーマンのサントラおすすめの厳選11曲

グレイテスト・ショーマン サントラ 挿入曲




映画「グレイテスト・ショーマン」のサントラを思わず買ってしまった・・!

どうも、Kenです。照明、上から浴びてます。

 

昨今話題のミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」はもう鑑賞しましたか??

ぼくは比較的ミュージカル映画が苦手な方で敬遠していたのですが、友人というか知り合いの方があまりにもこの映画をおすすめするので鑑賞してみたのですが、

こ、これは良い。

tohoシネマズ新宿 スクリーン12

もともと貧乏で底辺にいた主人公が持ち前の発想力と人を巻き込む力でサーカスのショーを創造し、上流階級にのし上がっていく話。

 

ストーリーもまた良いのですが、それに加えて、

所々で入る挿入歌も最高にいい。特にぼくはスウェーデン出身の歌姫が熱唱するシーンでなんだか知りませんが一人で泣いてしまったほどです。

グレイテスト・ショーマンを鑑賞したあとは、

「絶対、サントラ、買おう・・・・」

と独り言をつぶやきながら退出したほどです笑

今日は、実際にグレイテスト・ショーマンのサントラを購入し、さらにそのサントラを数十回ほどリピート再生してしまっているグレイテスト・ショーマンのサントラオタクのぼくが、

グレイテスト・ショーマンのサントラ

を徹底解剖していきます。

 

 

グレイテスト・ショーマンのサントラに収録されている11曲

グレイテスト・ショーマンのサントラには、

  • The Greatest Show
  • A Million Dreams
  • A Million Dreams(Reprise)
  • Come Alive
  • The Other Side
  • Never Enough
  • This is Me
  • Rewrite the Stars
  • Tightrope
  • Never Enough(Reprise)
  • From Now On

という11曲もの映画の挿入歌が収録されています。

 

曲1. The Greatest Show

映画の冒頭で流れるグレイテスト・ショーマンの主題歌とも言える代表的な楽曲。

大人バージョンのバーナムが豪華な衣装を羽織って豪華なショーを繰り広げるシーンが繰り広げられます。ぼくは最初この音楽を聴きながら、

「なんだよ、最初からの成功者なのかよ・・・」

と思ってしまいましたが、じつはそんなことなことありませんでしたね笑

この曲を聴いているバーナムのショーに対する情熱が伝わってきます。

 

曲2. A Million Dreams

仕立て屋の息子バーナムがいつか偉大なことを成し遂げたいと願いながら歌う一曲。

父の死を一人で看取り、ヤバそうな造船の仕事をして金を貯めてなんとか成人になったバーナム。

そして、金持ちの一家の娘チャリティを嫁に迎え、二人で貧乏だが夢のある生活をスタートしましたね。

 

曲3. A Million Dreams(Reprise)

曲自体は先ほどのA Million Dreamsですが、これは歌い主が違います。

バーナムとチャリティの間にできた2人の娘が歌い上げる切ないが希望が持てる感じが良いですね。

 

曲4. Come Alive

娘のアドバイス通り、いきているものを展示するべく博物館からサーカスに路線を切り替えたバーナム。

この曲は周囲から疎外感を味わっていた変わり者の応募者たちが、サーカスへの出演という希望を持てるようになったシーンで流れる挿入歌です。

 

曲5. The Other Side

サーカスで名を挙げていたバーナムですが、どうしても上流階級を引き込む方法がわからなかったので、当時売れていた劇作家のフィリップをサーカスの運営に誘いました。

そのフィリップを勧誘するシーンで流れるこの歌では、つまらない退屈な戯曲ばかりかくフィリップを冒険を誘い、さらに共同でビジネスをする際のレベニューシェアの交渉までこの曲で行われています。この曲を聴くと、バーでの交渉のシーンが目に浮かびますね。

 

曲6. Never Enough

フィリップのコネで英国の王女に公演をできる事になったバーナム。そこでヨーロッパで名を挙げていたオペラ歌手ジェニーと出会い、彼女をスカウト。

彼女の歌声を聴かずにスカウトして、ぶっつけ本番でバーナム主催で彼女のショーを開催した時に歌われた一曲。

いや、ほんとこの曲がすごくて映画を鑑賞しているときはなぜか知りませんが泣いてしまいました笑

映画の中でもバーナムも彼女の歌声に驚きすぎて口を開けていましたが、たぶん、ぼくも口を開けて息をしてなかったと思います。それほどこの曲は美しかった。

 

曲7. This is Me

バーナムはオペラ歌手ジェニーのショーが大成功し、ならず者から上流階級にのし上がった感が出てきました。

これまで歩を共にしてきたサーカスの出演者を徐々にバーナムは除け者にし始めていたのです。

そんなバーナムの扱いに憤慨したサーカスの集団が歌い始めた一曲。ヒゲの生えた女性レティを中心にバーナム、いや、階級社会に対する怒りをぶつけてます、たぶん。

 

曲8. Rewrite the Stars

サーカスの空中ブランコのアンを好きになってしまった劇作家フィリップ。

なんとか彼女をものにしようと動くフィリップでしたが、上流階級出身のフィリップは周囲の目を気にしてしまい、アンを傷つけたりしていてしまったのです。

アン自身、フィリップと一緒になりたい気持ちがありますがフィリップのためにもアンはこの恋に終止符を打つことを決断。フィリップとアンのデュエットに注目です。

 

曲9. Tightrope

バーナムの妻チャリティによる独唱。オペラ歌手ジェニーの招致により完全に上流階級にのし上がったバーナムは、家族と愛を育むことを忘れひたすら成功への道を進もうとしていました。

そんな夫バーナムの仕事しか見えてない姿を悲しそうに見つめるチャリティの表情が目に浮かびます。

 

曲10. Never Enough(Reprise)

オペラ歌手ジェニーによるネバーイナッフが再び。こちらは最後にジェニーが歌った曲で、歌での成功には飽き足らずバーナムからの愛をも勝ち取ろうとしたジェニーの執念が宿ってます。

この挿入歌の歌詞はまさにこのシーンのジェニーの心境にぴったりで、人は成功してもさらなる成功を追い求めてしまう生き物なのかもしれないと悟ってしまう一曲。

 

曲11. From Now On

ジェニーのツアーが中止になり、バーナム劇場は燃え、何もかも失ってしまったバーナム。

バーで落ち込んで酒を飲んでいると、そこには以前運命を共にしていたサーカスの出演者の面々が駆けつけたのでした。

お前は何もかも失ってない、俺らいるじゃないか、

と。ひたすらがむしゃらに成功を追い求めてきたバーナムが立ち止まり、人生で大切なものに時間を使おうと気付かされた歌です。

落ち込んでいる暗いトーンから、途中で希望に満ちた明るい曲に変化する様に注目です。

「過去なんか関係ない、今からスタートすればいい」

そんな前向きなメッセージが伝わってきます。

 

 

グレイテスト・ショーマンをみた後にサントラを聴けば2倍楽しめる

以上がグレイテスト・ショーマンのサントラに入ってる曲たちでした。

 

グレイテスト・ショーマンで登場する挿入歌が漏れ無く網羅的に収録されているサウンドトラックでしたね。

もちろん、現物のCDのサウンドトラックもありますし、

MP3ファイル形式でも購入できます。

この形式なら一曲ごとに250円から購入できるようです。

ぼくは最初このMP3ファイルのデータを見つけられず、iTunesでサウンドトラックを購入しました。

The Greatest Show
カテゴリ: サウンドトラック

アマゾンでもアップルでも好きなプラットフォームを選べるのがいいですね。

 

また、

「ダウンロードしなくてもいいからサウンドトラックを聞ければいい!」

という方はAmazon Music Unlimitedがオススメです。グレイテスト・ショーマンのサウンドトラックも聴き放題に含まれているので、月額980円でグレイテスト・ショーマンのサントラまで聴けちゃいます。

興味がある方はよかったら試し聞きしてみてくださいね。

 

それでは!

Ken