【洋画編】Amazonプライムビデオ対象のおすすめ映画ランキングTOP15




Amazon プライムビデオでは映画が見放題??

どうも、Kenです。じつは、初診です。

 

Amazonプライム・ビデオというサービスはお得。

Amazon Primeに加入していれば利用できる VOD サービスです。

プライム会員になると、 Amazonプライム・ビデオの対象映画が見られるだけでなく、他にも

  • 即日配達
  • 時間指定配達
  • アマゾンフレッシュで生鮮品を注文できる
  • Amazon Nowで短時間配達
  • Amazon ミュージックで音楽聴き放題

などの特典を享受できるAmazon屈指の大奮発サービスですね。

 

しかも、年間契約すれば1ヶ月325円で利用できちゃうのです。

最近、プライム会員になり、 Amazonプライム・ビデオを楽しみ始めたので、プライビデオで見た洋画をランキング形式で紹介していきます。

 

Amazon プライム・ビデオで見られるおすすめ映画〜洋画編〜

プライム対象映画は期間によって異なりますのでご了承ください!

 

第15位. マンマ・ミーア!

結婚控えたミーアという女性が母の日記を盗み読みし、自分の父親が誰なのかわからず、3つの可能性が存在していることを知りました。

父親候補3人を結婚式でまねき、そこで本当の父親を探し求める話ですね。

 

設定自体は良いのですが、若干「女性向きの視点」になりすぎていて辟易しました。

女性が描く理想の男性が3人現れて、そいつらがモテない女となったミーアの母親を誘惑する、という構図。

男のぼくにはこれがピンと来なくて、

成功したビジネスマン?お金持ち? Fuc** your self!

と叫びたくなりました。

 

第14位. ゲットスマート

超優秀な FBI の捜査官が現場で働けず、解析士として活躍してきました。

が、ついに現場のエージェントとして活躍するチャンスに恵まれて、四苦八苦する映画です。

特に際立っていたのが女性の FBI 捜査官役のアン・ハサウェイでしょう。

 

人形のように美しく、そして強い。もうね、色々最高です。

存在感があり過ぎて

ハサウェイなしでは成立しない

というほど、魅力の大部分を占めると思います、ハサウェイが。

 

第13位. クレイジーパーティー

契約を取るために取引先の重役を社内パーティーに呼んでみた、という話。

この映画の魅力は

アメリカ流のパーティーが結構リアルに描かれている

という点でしょう。

日本ではこんなハッピーなパーティーありませんからね。アメリカの文化を理解する資料として重宝します。

 

第12位.ラストベガス

かつて一世を風靡していた若者たちが老人になり、ほのぼの生活していました。

が、ある老人が若い娘と結婚することになり、結婚式前のバチェラーパーティー(独身最後の夜の宴)のためにベガスに行く話です。

コンセプトは面白かったのですが、印象に残るハプニングが少なかった気がします。

 

最終的に、若い娘と結婚する予定だった男の決断が唯一の見どころで、

自分の人生で何を大切にするか??

は何歳になっても問わなければと悟った次第です。

 

第11位. デンジャラス・ビューティー

FBI 捜査官 の女性職員がいたのですが、洒落っ気がなく仕事一筋。

男性にもてない日々を過ごしていました。

しかし、ある日、全米ミスコンテストに爆弾を仕掛ける犯罪予告が入り、事件解決のために女性捜査官がミスコンに出ることに。

 

見所はやはり、

おしゃれに興味がなかった捜査官がミスコンの集団に入って進化する

というシンデラ型ストーリーでしょう。

定期的に自分のセーフティーゾーンを出ることは大事です。

 

第10位. ユー・ガット・メール

インターネット黎明期に起こった出会いの物語。

マッチングアプリは存在しておらず、掲示板で知り合い、 Eメールでメッセージを交わし合う、という一昔前の出会いが描かれていて興味深かったです。

いつの時代もオンラインでの出会いは緊張するんだなあ、と。

 

第9位. ドン・ジョン

アダルトビデオ中毒になってしまったドン・ジョンという男性が主人公。

AVで描かれる男性の理想に取り憑かれ、リアルの恋愛に満足できなくなって悩む話です。

男性ならば共感できる話に仕上がっていますが、アダルトビデオに縁がない女性が見ると不愉快になるかもしれません。

アダルトビデオ漬けだったどうしようもない男性も、リアルの出会いを通して徐々に変化。

人生で大切なものを見つけていく結末に着地するのでそれほど悪くないです。

 

第8位. グランド・イリュージョン

都市部で活躍していたマジシャンたち。

謎の支配人が命令する通りに、金持ち、やばい奴らをマジックでハメていき、世間から注目を集めます。

しかし、注目を浴びすぎて FBI から追われる身となります。

 

「マジック映画」というジャンルが珍しく、映画でマジックを見るとかっこええじゃないですか。

大抵の人はきっと、

「お、俺もマジックやってみようかな」

とマジシャンへの転身願望が出てくるでしょう。

大どんでん返し要素も含まれていて、最後まで目が離せない展開も評価できます。

 

第7位. キック・アス

江頭2:50さんがおすすめしていたので見てみました。

シンプルに言うと

なんで、みんなヒーローになりたがらないのか?俺はなるよ?

という疑問から、普通の青年がマスクをかぶり、ヒーローになってみる話です。

 

ヒーローになってみることで、自分の無力さを知っていくのですが、奇跡が起きて

本物のヒーローに出会います。

その過程で普通の市民だった主人公も、徐々に本物のヒーローっぽくなっていく成長が描かれています。

 

第6位. キック・アス ジャスティス・フォーエバー

キック・アスの続編。

今回は前作で出てきた「ヒット・ガール」にフォーカスを当てた作品です。超強いガールが普通の少女に戻る設定になっています。

また、それと同時に、キック・アスの影響を受けて市民ヒーローが続々と出てきているという状況に。

 

この映画を見ると、

本当にヒーローは必要なんだろうか??

という問いが浮かんできます。

ヒーローがいるから悪者が誕生し、憎しみの連鎖が始まる

という様子を見事に描いています。

ヒーロー映画だけど、立ち止まってヒーローの存在意義を考えさせられる映画です。

 

第5位. プレシャス

「プレシャス」という名前の黒人少女の物語。

プレシャスは「貴重な」という意味ですが、実際のプレシャスは 、両親に恵まれず、虐待を受けて育ちました。

高校生になっても母親からひどい扱いを受け、勉強どころではありません。

 

そこで、特別な事情を持つ生徒が集まるスクールに転入。

プレシャスの境遇が気の毒で、見ていて暗澹たる気持ちになりますが、

プレシャスは強かった、本当に。

気持ちが折れることなく、自分の幸せに一歩ずつ進んでいくのです。

彼女の強い背中を見ると元気をもらえるでしょう。

 

第4位. 僕のワンダフル・ライフ

犬と人間の共生を描いた物語。

中でも特徴的なのが、

犬の気持ちを音声で表現している

という点です。

 

この表現が結構適切で、

「犬もこんなことを思ってんだろうな」

と、犬を飼っている方ならば共感するところがあるでしょう。

 

また、ユニークなのが「輪廻の考え」を取り入れていることです。

犬が一度死んだら終わりではなく、輪廻で再び犬として生まれ変わっている設定になっています。

悲しいはずの愛犬の死を前向きなものなものに捉えられるでしょう。

 

第3位. ルーパー

2044年から送られてくる未来の人物を殺害する仕事がありました。

その名も「ルーパー」。

一人殺害すると銀や金などの金塊がもらえるので、この金銀を目当てにルーパーたちは活動していました。

 

しかし、ある時、

未来の自分を殺害する代わりに、いまゴールドをもらう

という人生の前借りビジネスが誕生。

それを利用したルーパーが逃げたりするなどの問題が生じたりしていました。

 

主人公のルーパーもこのシステムを利用したらしく、ある日、送られてきたのは未来の自分自身でしたが、殺せずに逃がしてしまいました。

実はこの未来の自分は

ルーパーという仕事を作り出した「レインメーカー」をこの世から消そうとしている

ことが判明。

 

それを阻止と言うか、未来の自分を消すことで身の安全を確保しようとする様子が描かれています。

設定が独特で面白いですし、アクション映画としても楽しめます。

 

第2位. フローズン・タイム

男子大学生が主人公。

彼女に振られたことがきっかけで眠れなくなり、時間を持て余して地元の大型ショッピングセンターで働き始めます。

 

同僚たちが魅力的で

「こんな職場で働けたらいいな」

と思いました。

フットサル大会、店長のバースデーパーティーなど笑えるイベントが盛りだくさん。

僕は個人的にカンフー好きのアルバイトが好きでした。

 

第1位. きっと、うまくいく

「パッチ・アダムス」のインド版のような映画。

インドの工科大学では、上下関係が厳しく、詰め込み式の教育が徹底されていて腐っていました。

中には夢をあきらめたり、自殺する生徒がいる状況でした。

 

そんな膠着した教育システムに立ち向かったのが1人の天才と友たち。

常識を打ち破るために色々なアクションを起こしていきます。

 

彼らの生き様から、

人生では成功を求めるのではなく、情熱を追求した結果、成功がついてくる

と感じ、

成功は目的ではないんだな

と思わされた映画でした。

ただ、インド映画ということもあって3時間越え笑

インド式の映画鑑賞スタイルで、1時間半で休憩をはさむといいかもしれませんね。

 

 

Amazon プライムビデオなら洋画の映画がたくさん見放題!

以上、Amazonプライム・ビデオで鑑賞してきた洋画の映画でした。

プライムビデオは月額325円という値段ながら、映画のラインアップが実に豊富です。

Amazonプライムビデオさえあれば一生映画に困らないんじゃないかと思っちゃいますね。

よかったら邦画ランキングも参考にしてみてください。

 

それでは!

Ken

自宅での映画鑑賞に便利なおすすめVODサービス

2020年に自宅で映画みるならテレビ、スマホ、パソコンで動画を再生できるVODサービスがおすすめです。

インターネット環境さえあればいつでも何作品でも好きなだけ鑑賞できますよ。

 

第1位. Amazon Prime Video

月額料金(税込) ¥500
作品数 1.5~3万作品
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、ミュージックビデオ
特徴 安い。レンタルも可能。Amazon Primeの他の特典もあり
無料体験期間 30日間

 

第2位. U-NEXT

月額料金(税込) ¥2,189
作品数 見放題1万作品、レンタル1500本
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、まんが、雑誌、電子書籍、ミュージックビデオ
特徴 幅広いコンテンツの種類。レンタルも可能
無料体験期間 31日間

 

第3位. Hulu

月額料金(税込) ¥1,026
作品数 7万作品
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、ライブTV
特徴 アニメ作品に手厚い
無料体験期間 2週間

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。