1分でわかる!映画「ベスト・キッド(2010)」のネタバレ・あらすじ・評価・感想




映画「ベスト・キッド(2010)」の評価

得点 84点
ジャンル アクション
活用シーン デートなどの娯楽。1人で見ても楽しい
推奨鑑賞人数 1人または2人。いや、大人数でもいいかも






映画「ベスト・キッド(2010)」のネタバレ・あらすじ

とある現代アメリカの話。

黒人少年のドレは、母親の仕事の都合でアメリカのデトロイトから中国の北京に引っ越してきました。

現地の学校に通い始めますが、カンフーを習っているチョンに目をつけられ、いじめられます。

ある日、ドレが仕返しにチョンに攻撃したところ、チョンの仲間たち6人にボコられることに。

 

そんな様子を見ていた、ドレのアパートの管理人のハンが喧嘩を止めに入りました。

この管理人は只者ではなく、カンフーが無茶苦茶強い。

ドレを取り囲んでいたいじめっ子たちを一瞬で吹き飛ばします。

 

そして、ハンはドレをいじめていた奴らが通うカンフー教室に出向き、

1ヶ月後にカンフー大会でドレとチョンを戦わせる

という約束をします。

その大会に向けて、ハンとドレのトレーニングが始まりました。

 

※以下、ネタバレ※

 

 

ハンの教え方は独特でしたが、実際に初心者だったドレがパンチが飛んでくる方向を見ないでもわかるぐらい成長しました。

そして迎えた、1ヶ月後のカンフー大会。

ドレは順調に勝ち上がり、準決勝に進出。

しかし、いじめっ子のスネ夫的野郎がドレの膝を意図的に狙うことで、ドレに怪我をおわせます。

ドレはこの怪我にもめげず、見事に決勝に進出し、宿敵チョンとの対戦に臨みました。

チョンがドレの怪我部分を狙ってくる卑怯な手にでましたが、ドレが編み出した新しい攻撃パターンにより、チョンに勝利。

見事に、カンフー大会で優勝するぐらい強くなったのだとさ。

 

THE END

 

 

映画「ベスト・キッド(2010)」の感想

このベストキッドは1984年の作品が現代バージョンにリメイクされた映画です。

ストーリーはいたってシンプル。

いじめられっ子だった少年が、最強の師匠に出会い、最強に弟子になる物語です。

 

印象的だったのは、2人の対照的なカンフーの指導者です。

一人は管理人のハンで、こちらから攻撃するのではなく、相手の攻撃の勢いをうまく使って敵を倒すスタイル。カンフーは守りがモットーです。

対して、いじめっ子たちの指導者リーは、敵が倒れた時は立ち向かえなくなるまでたたきのめせという、慈悲もクソもないメンタルレベルが低いやつでした。

その師匠の差が、今回弟子たちの力の差に現れたのではないでしょうか。

 

主人公が成長する系の物語が好きな方はよかったら観てくださいね。

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。