1分でわかる!映画「バッファロー’66」のあらすじ・ネタバレ・評価・感想




映画「バッファロー’66」の評価

得点 79点
ジャンル たぶん、ラブコメ
活用シーン 1人でDVD鑑賞
推奨鑑賞人数 1人






映画「バッファロー’66」のネタバレ・あらすじ

とある現代のアメリカ。

刑務所に入れられていたビリーは服役が終了し、ようやく外の空気を吸えるようになりました。

なぜ、彼が刑務所に入れられたのか?

それは、

マフィアの肩代わりで罪を被らなければならなかったからです。

なぜそんなことになってしまったのかというと、アメフトの勝ち負けを当てるギャンブルで、100万ドルをかけてしまい、負けてしまったからです。

本当にあと一歩のところで、アメフトのキッカーがゴールを外してしまい、負けることになってしまいました。

だから、借金を返済する代わりに、マフィアの肩代わりで刑務所に5年も入れられていたわけです。

 

ただ、両親にはこのことは秘密。

服役中はCIAで海外で働いていたという設定になっており、ガールフレンドもいるということになっていたのです。

そこで、両親の実家に帰る際、トイレを借りたダンススクールにいた女性レイラを誘拐し、自分のガールフレンドのふりをしてもらい、実家に帰りました。

実家ではレイラがうまく振る舞い、なんとかビリーの嘘を突き通すことに成功。

役目を終えたため、2人は別れることになりそうでしたが、ボーリングをしたり、一緒に写真をとったり、一緒にお風呂に入ったり、まるで本物の恋人のように時を過ごしました。

そして、キスだけはしました。

※以下、ネタバレ※

 

その後、ビリーは命をかけた復讐をしに行く予定でした。

自分が刑務所に入ることになってしまったきっかけを作った、アメフトの試合でゴールを外したスコットに復讐するつもりでした。

彼は、スコットが八百長でわざとゴールを外したと思い込んでいるので、スコットを殺害して復讐をやり遂げようとしました。

しかし、スコットが運営しているストリップクラブに行き、実際にスコットを目の前にすると、復讐する気は失せたのです。

そんなくだらない復讐をして無駄死にするよりも、彼を好いてくれているレイラを大切にしようと誓ったのです。

こうして、ビリーはレイラの元へ戻って行くのでした。

 

THE END

 

映画「バッファロー’66」の感想

バッファロー66では、主人公のビリーの可愛さというか不器用さが描かれています。

本当は好きだけど好きとは言えない、

母親が好きなアメフトチームに多額のお金を賭けてしまう、

高校生の時に好きだった女の子を彼女だったんだと嘘をつく、

などなど、なんというか、いいやつなんだけど、生き方が不器用な男性です。

 

おそらくビリーは10代後半の頃に刑務所に入れられ、5年の服役だったのでおそらく23~25ぐらいの年齢の男性でしょう。

この映画を見ると、そんな10代の後半の青春を謳歌できなかった男性の可愛さ?みたいなものを、なんだか応援しながらみることになります。

不器用で可愛いけど、虚勢をはってしまう青年ビリーを暖かい目で見守ってやりましょう。

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。