【保存版】中国の映画館にみられる9つの特徴




中国の映画館はどんな感じ??

中国は日本の隣国。

人種的にも似通っていますが、両者の文化は異なります。

今年の9月から住んでみて早2ヶ月が経とうとしていますが、わりと面白いのが

映画文化の違い

でした。

 

時間ぴったりにスタート

一番顕著な違いが、

中国では「上映時間ぴったり」に本編が始まること。

例えば「16時半上映開始」だったら本当に「16時半ぴったり」に始まります。

考えてみれば当たり前のことなのですが、日本の映画館は少しひねくれています。

日本の映画館では、上映時間に予告時間が含まれていますから。

日本で生活していたときは、広告が嫌でしょうがなく、映画館ごとの予告時間を分析したこともありました。

 

じゃあ、中国の映画館に全く広告はないのかというと、そいうわけではありません。

中国では「上映時間前」に広告を流します。

ただし、どれもこれも映画に関係ない広告で、予告編は一切流れません。

いやー良心的というか合理的ですよ。

 

鑑賞料金が変動する

中国の映画館では、鑑賞料金が変動します。

同じ映画を観るにしても、

どこで、何時にみるかによって値段が異なるのです。

その事情あってか、映画館の料金を比較できるアプリ「时光网」が普及しています。

时光网-特价电影票预订平台
时光网-特价电影票预订平台
posted withアプリーチ

このアプリを使うと、

どの映画館で一番安く鑑賞できるのか?」を調査できるのです。

おそらく、価格決定権が映画館に任せられていて、規制から解き放たれているのでしょう。

映画館が儲かると思った価格で勝負できます。

 

ご存知の通り、日本では映画料金がほぼ固定。

  • 映画の日
  • レディースデー

など特別な日を除き、だいたい1,900円。

リバイバル上映を除き、新作はほぼ一定のレートです。

中国では自由に価格設定できるので、価格競争が起き、鑑賞料金が安くなる可能性が秘めています。

 

鑑賞料金が安い

そして、実際に鑑賞料金は安いです。

「30~50元」でみれますね。

1元16円で日本円換算すると、

480円〜800円ほど。

この価格設定は日本ではまずありえません。

 

エンドロールになったら明るくなる

中国では映画が終わってエンドロールが流れると、スクリーン全体が明るくなります。

そして、係員が入ってきて皆に退場を促します。

結果的に、エンドロールを最後までみる人の割合はすこぶる低いのです。

 

一方、日本はどうでしょう?

「エンドロールまで観たい人」がマジョリティーを占めていて、エンドロールになろうが中は暗いまま。

そして、大多数の鑑賞者が座り続け、エンドロールが切れるのを待つ文化です。

僕は日本滞在時であっても「エンドロールをみずに退出する習慣」を持っていたので、中国の文化は肌に合います。

ただ、よーく観察してみると、エンドロール中も座り続ける人もいて、エンドロール好きが一定数いるようです。

 

すべての映画に中国語字幕(北京語)

中国ではすべての映画に「中国語字幕」がついています。

ここでいう中国語とは公用語とされている普通語(北京語)。

外国映画はもちろんのこと、中国の映画にも中国語字幕がついています。

 

じつはこの字幕事情は映画に限ったことではなく、テレビドラマを含むすべての映像作品に字幕が入るのです。

中国では地方ごとに「北京語と全く異なる方言」が話されているので、中には「北京語が苦手」という方もいます。

そういう勉強中の人のためにも、中国語字幕を付けているのでしょう。

もちろん、この「丁重な字幕サポート」は僕のような外国人にとってもありがたいことです。

 

1人で来ているやつが少ない

中国では1人で映画を見る人が少ないです。

たまにおっさんが1人で来ますが、

だいたいカップルや友達同士。

日本より「お一人様」が少ない感じがします。

 

話しながら見るのが普通

複数人で来る人が多いためか、

中国では上映中の私語は普通です。

友達や恋人と語らいながら映画鑑賞するスタイルなのです。

そのため、1人で映画鑑賞すると、話し声が気になるかもしれません。

そういうときは、

誰も座らないであろう「端っこの席」を選ぶと良いでしょう。

 

スマホでチケットを買うと安い

中国ではスマホ電子決済が進んでいて、スマホでチケットを購入するのが通例。

電子決済を促進するためか、

スマホでチケットを購入すると安くなります!

 

受付でチケットを購入すると、80元するところが、スマホ経由なら40元になる映画館がありました。

スマホ決済にするだけで「50%OFF」!!

あまりにお得なので、スマホ決済は使えるようにしましょう。

 

ほとんど中国の映画

2ヶ月映画のラインナップを観測してきましたが、感覚値でいうと、

7~8割は中国現地の映画

ですね。

残りはハリウッド映画、日本のアニメ映画です。

 

ほとんどが中国の映画であるがゆえ、中国語レベルが低い僕がわかる映画は少ないです。

ハリウッド、日本映画のタイトル数が少なすぎて、新しい映画がでてもすぐに見終わります。

 

日本の映画館では、半分くらいがハリウッドの映画だったと記憶していますので、日本よりも現地の映画数が多いです。

当然のことですが、

中国で映画を楽しむためには、中国語の能力が必要です。

 

はい、以上、中国と日本の映画館は異なりますが、僕的には、

中国の映画館が好きです。

広告時間が上映時間に含まれず良心的ですし、料金も安い。

スマホでチケットも買えるのですこぶる便利。

中国語力が向上すれば、もっと中国の映画館ライフが楽しめそうです。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。