シンガポールの映画館ならブギス駅近くのFilmgarde Bugis+がおすすめ




シンガポールの映画館はどんな感じなの??

どうも、Kenです。社会に、戻ってきました。

 

先日、シンガポール旅行に行ってきました。シンガポールは国土は狭いながらも見所となるエリアがたくさんあり大興奮。

チャイナタウン、

マーライオンパーク、

ガーデンズバイザベイ、

そして忘れちゃいけないシンガポール国立博物館。

ガイドブックに載っている全てのアトラクション、メモリアルプレイスに乗り込む気満々だったのですが、ここでノックアウト。シンガポールは予想外に暑かったのです笑

 

そこで、このシンガポール旅行の疲れを癒す狙いもあってか、近くの映画館を探してみたところ、Bugis駅の近くに、

Filmgarde Bugis+

という映画館を発見!

今日はこちらの映画館でスパイダーマンの最新作の「スパイダーマン:スパイダーバース」を鑑賞してきたのでその体験談を忘れずに書き留めておきますね。

 

アクセス

ブギス駅から徒歩5分ほどにある「Bugis+」という建物の5階にある映画のシネコンです。

こちらの映画館には8つスクリーンがあり、主にハリウッド作品などを無難に上映している映画館になります。

 

チケットの買い方

チケットの買い方は 列に並ぶだけです。

シンガポール 映画館

列に並んで自分の順番が来たら映画名と時間を告げれば席を選ばせてもらいますね。

映画のスケジュールはこちらの公式ページで確認するか、もしくは現地の受付の上にあるディスプレイで確認するといいですね。

Filmgarde Bugis+

鑑賞したいタイトルを告げ、座席を選んだらチケットを購入することになります。

僕の場合、ディスプレイで上映スケジュールを確認してみたとこ、ろ面白そうなものがスパイダーマンのアニメ作品で「スパイダーマン:スパイダーバース」というものがやっていましたのでこちらに決定。

シンガポール 映画館

調べてみると、日本でまだ未公開の映画で、公開は3ヶ月先とのことだったのでシンガポールで先行して映画を鑑賞してみることにしました。

 

映画の鑑賞料金

この映画館では曜日によって鑑賞料金が異なっているようでしたね。

シンガポール 映画館

受付のディスプレイを凝視してみたところ、この映画館は次のような鑑賞料金のシステムになっていました↓

月〜水 8.5ドル
9ドル
金〜日 13ドル

幸か不幸か、僕が映画館に行ってしまったのは日曜日。

一番高いレートの13ドルになってしまいましたが、それでもまだこの値段は日本に比べるとお得!

日本円にしてみればそれほど高くなく、1100円ぐらいですので、高い時でさえ1000円で見られるということはかなりお得のような気がします。

それだけ日本の映画料金が高いことを実感しますね笑 なにせ、デフォルトが1800円ですからね。

 

広告について

新しい映画館に行ったら、必ず映画の広告が何分あるかウォッチしていますが、シンガポールの映画館は予告編の時間はなん分ぐらいあるのでしょうか??

時間ぴったりにシネマ入りし、予告時間を計測してみたところ、

上映の開始時刻から12分間ぐらい広告を流していました。

シンガポール 映画館

まず最初に映画とは関係のない広告を流し、その半分でさらに公開予定の映画の予告編を流すような感じでしたね。

この上映前の広告に関してはだいたい日本の映画と同じぐらいの広告の長さということになります。

 

椅子について

この僕はFilmgarde Bugis+のシアター4というところで映画見ることになったのですが、椅子は適度にふかふかで心地よかったのです。

シンガポール 映画館

が、確かたぶんドリンクホルダーはついておらず、ポップコーンやドリンクを買ったら置くところがないかもしれません笑

ちょっとうろ覚えなのでもしかしたらあったのかもしれません笑

僕は何も買わずにスクリーンに乗り込んだのでその点は不満はありませんでした。

 

寒い??

シンガポールは外の気温はクソ暑いですが、建物の中はクーラーが効きすぎて寒いと言った逆転現象が起きています。

この映画館も例外でなく、普通にシアター内がクソ寒かったので

羽織る上着は一枚持っておくといいでしょう。

ぼくは旅行中、ずっといざという時のために白いシャツを携帯していたので、そいつを上映中に羽織ることで体温を維持していましたね。

 

持ち込みは??

たぶん、持ち込みはオッケー。手荷物検査されませんでしたし、持ち込みを禁止する大きなフライヤーも目にすることはありませんでした。

映画館の売店もしっかりしていてポップコーン、コークなど現地調達することだってできます。

 

字幕は何語??

今回、英語音声でのハリウッド映画でしたが、きっちり字幕を入れてくれていました。

がしかし、残念ながらこれは日本語ではなくシンガポールの7割強を占める中華系のための人の字幕でありますので、言語はもちろん中国語。

中国語がわかる人は中国語字幕で楽しんでもいいですが、わからない人は英語でなんとか食らいついていくしかないのが現状です。

 

 

シンガポールの映画館で映画鑑賞してみた感想

僕はスパイダーマンの最新作のアニメ映画を見たのですが、いやーかなり楽しむことができました。

スパイダーマンのアメコミをアニメ3D 映画(ピクサーっぽやつ)にしたようなもので、最初は初めて見る作風だったので違和感あったのですが、時間が経つにつれて物語の中に入り込むことができました。

簡単にあらすじを触れておくと、 高校生で黒人の主人公がある日、スパイダーに噛まれてスパイダーマンになります。

が、その直後、たまたま本家のスパイダーマンが敵に倒されるところを目撃してしまい、そのスパイダーマンから本気のスパイダーマンから世界を救うようにミッションを託されて頑張るという話です。

シンガポール 映画館

その際に、敵が時空を歪ませる装置を開発していて、それを使うことによって 現実世界ではない、他の多世界からのスパイダーマンたちが集結し、協力して敵を倒すという話になっています。

物語の構成や内容はもちろん、多世界解釈を前提としてていて Scientific な内容に仕上がっていて楽しむことができました。

また、実写のスパイダーマンでは表現することができない独自の内容がふんだんに盛り込まれている点も評価できます。

詳しくは実際に見ていただきたいのですが、この映画には現実世界のスパイダーマン以外のスパイダーマンたちが色々な作風で登場します。

これはアニメならではの表現方法。実写版のスパイダーマンでは伝えづらいので、あえてアニメ化をした映画作品になっています。こういうアニメの使い方もあるんだなと感心させられたぐらいですね。

日本では2019年3月に公開予定の未来の最新作が、ここシンガポールでは安価な鑑賞料金(700~1100円ぐらい)でみられます。ぜひ映画好きの方はシンガポール旅行のさいに現地の映画館を訪れてみてくださいね。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

Eigarの編集・執筆を担当。年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 Filmarksアカウントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。