1分でわかる!映画「フォーカス」のネタバレ・あらすじ・感想・評価




映画「フォーカス」の評価

得点 58点
ジャンル 微弱などんでん返系
活用シーン 家でくつろぎながら
推奨鑑賞人数 2人以上






※以下、ネタバレ※

 

 

映画「フォーカス」のネタバレ・あらすじ

とあるところに、イケてる筋肉質の詐欺師の「ニッキー」がいました。

映画 フォーカス ネタバレ あらすじ

 

偶然、彼を騙そうとしたひよっこ詐欺師のジェスが、ニッキーに詐欺の手口を見破られ、手玉に取られます。

映画 フォーカス ネタバレ あらすじ

それをきっかけに、ジェスは最強の詐欺師ニッキーに弟子入り。

映画 フォーカス ネタバレ

詐欺師のニッキーは集団ぐるみで詐欺を行う犯罪集団を率いるボス。

ジェスはそのチームにジョインし、見事無知な大衆から巨額なマネーを奪い取ることに成功。

映画 フォーカス ネタバレ あらすじ

その時すでに、詐欺師のニッキーとジェスは愛し合う中だったが、詐欺プロジェクト終了後、

ニッキーはジェスを捨てて別れてしまったのです。

ああ、もったいない。

 

それから5年後。

 

詐欺師のニッキーは再び巨大な詐欺プロジェクトに参加。

そこで偶然、ジェスと再会。

ジェスはニッキーが騙す予定の「かも」と仲良くしており、当然ニッキーは嫉妬します。

映画 フォーカス ネタバレ

ニッキーは一度捨てたジェスを取り戻そうとあの手この手を使いますが、ジェスは完全にニッキー不信に。

全然信じてもらえず、詐欺のかもとイチャイチャしています。

映画 フォーカス ネタバレ

結局、ニッキーのアプローチが成功し、ジェスと再び結ばれるも、詐欺が失敗しカモに逆に追い込まれることに。

映画 フォーカス ネタバレ

カモは詐欺師のニッキーに詐欺の手口を白状させました。

 

すると、なんてことでしょう。

じつは、ニッキーはジェスを詐欺の道具として使っていたのです。

これには流石のジェスも大ショック。

だが、一方ジェスの方もニッキーの嫉妬を煽るためにカモとイチャイチャしていたことが判明し、ニッキーも大ショック。

 

だが、ニッキーがうるさすぎたため、敵の幹部のおっさんから銃で打たれてしまうのです。

映画 フォーカス ネタバレ

ニッキーは胸を撃ち抜かれて死んでしまったと思いましたが、じつは敵の幹部はニッキーの父。

映画 フォーカス ネタバレ

蘇生方法を心得ており、見事ニッキーは回復。

ニッキー、ジェス、ニッキーの父はカモを倒し、巨万の富を得て、その場を去ります。

映画 フォーカス ネタバレ

その後の話をしましょう。

ニッキーの父はだまし取った金を100%奪い取り、街の中へ。

映画 フォーカス ネタバレ

こうして、残ったニッキーとジェスは最寄りの病院に駆け込み、無事に回復して幸せに末長く暮らしたとさ。

映画 フォーカス ネタバレ

The END

 

映画フォーカスの感想

映画フォーカスの注目のポイントは次の2点。

  1. 美女
  2. どんでん返し

詐欺師が主人公の映画のため、この映画のストーリーの中には嘘が100個ぐらい紛れています。

やられるのは視聴者?

それとも詐欺師?

詐欺師に俺は騙されねえよ!?

という気概を持ってこの映画を見ると楽しめるような気がしています。

 

とはいえ、とりあえず、

ジェス役の「マーゴット・ロビー」が美女過ぎたので思い残すことはありません。

Wikipediaより

見れて良かったです。

 

映画「フォーカス」が気になる方はよかったらみてみてくださいね。

 

それでは!

Ken

自宅での映画鑑賞に便利なおすすめVODサービス

2020年に自宅で映画みるならテレビ、スマホ、パソコンで動画を再生できるVODサービスがおすすめです。

インターネット環境さえあればいつでも何作品でも好きなだけ鑑賞できますよ。

 

第1位. Amazon Prime Video

月額料金(税込) ¥500
作品数 1.5~3万作品
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、ミュージックビデオ
特徴 安い。レンタルも可能。Amazon Primeの他の特典もあり
無料体験期間 30日間

 

第2位. U-NEXT

月額料金(税込) ¥2,189
作品数 見放題1万作品、レンタル1500本
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、まんが、雑誌、電子書籍、ミュージックビデオ
特徴 幅広いコンテンツの種類。レンタルも可能
無料体験期間 31日間

 

第3位. Hulu

月額料金(税込) ¥1,026
作品数 7万作品
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、ライブTV
特徴 アニメ作品に手厚い
無料体験期間 2週間

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。