【聖地巡礼】映画『ハクソー・リッジ 』の舞台場所に行ってきた




映画『ハクソー・リッジ 』の舞台場所に行ってきた

先日、沖縄に行った際に見ておきたかったのが映画『ハクソー・リッジ』の舞台でした。

2017年に日本で公開されたこの『ハクソー・リッジ』という映画は太平洋戦争の終盤の沖縄戦の様子を描いた作品。

沖縄上陸に成功した米軍でしたが、ハクソー・リッジという「崖」で思わぬ日本軍の攻勢にあって、苦戦を強いれられていたハクソー・リッジの戦いが描かれています。

 

この崖に米軍が上った直後、日本軍から総攻撃を受け、崖を攻略できず、米軍の負傷者数が増えてしまい悩んでいたのです。

そこで活躍したのが武器を持たない信念を持つ衛生兵の「デズモンド」。

彼は米軍部隊が崖から撤退した後、崖の上に残された米軍の負傷兵を助けに一人で崖の上に登り、したに一人一人運び出し、数十人の命を救う勇敢な行動をとった人物です・

詳しくはこちらの「『ハクソー・リッジ』のあらすじ」を読んでみてくださいね。

この映画でも描かれた激しい戦場となった「ハクソー・リッジ」が沖縄の浦添市にあるのです。

今日は沖縄に来たこともあり、映画鑑賞をしてからずっと行きたかったこのハクソー・リッジに行ってみました。

 

ハクソー・リッジへのアクセス

ハクソー・リッジへのアクセスは割と良かったです。

那覇市の市街地からモノレールで「浦添前田」という駅で降ります。

そして「浦添城跡」を目指して歩いていくと、

だいたい駅から10分ぐらいで「崖の麓」に到着できるでしょう。

 

ただし、麓から崖の上に登らなければならず、なかなか険しい道が待っていますのでご注意くださいませ。

僕も想像以上にハクソー・リッジの高度が高くて、終盤は息切れしていましたね。

なんとか登りきって平地にたどり着けました。

浦添市の公式ページによると、ガイドツアーからの要望が多く、急遽このハクソー・リッジの看板をつけたようですね。

それだけ映画『ハクソー・リッジ』を見た人々が多く訪れる場所なんでしょう。

僕が行った時も、米国人のファミリーが数組見られましたね。

 

ハクソー・リッジに行ってみた感想

いやーすごい高いです。

高台から見渡すと、近隣の町並みがよく見えます。

この眺めからでもハクソー・リッジの崖の険しさがよくわかりますね。

 

しかし、これは米軍を迎え撃つ日本軍の視点です。

映画の主役となったデズモンドは、逆側の平地から崖を登り、崖の上にいた負傷兵を助けたのですから、映画の舞台の聖地巡礼としては、逆側からハクソー・リッジを見たくなってきますね。

ということで急遽、一旦登ってきた方向とは逆側からハクソー・リッジに登ってみることにし、下からハクソー・リッジを見上げてみました。

ハクソー・リッジから左側に降りていくと、琉球王国の国王の墓である「浦添ようどれ」が出てきます。

そこもついでに観光してさらに歩くこと10分。

 

ようやくハクソー・リッジを「下から見上げるポイント」に到着。

正直、森が茂っていて、崖があらわになっていないので、険しさが分かりづらいです。

しかし、頂上付近を見るためには、顎を上げねばならないので、それだけ急な斜面であることがうかがえます。

デズモンドもここを登ったのか・・・・

と映画のワンシーンを思い出しながらしばらく佇んでいました。

 

今回、ハクソー・リッジの舞台を見に行くことで、沖縄戦の理解が少し深まりました。

なぜ、米軍はこの崖を制圧する必要があったのでしょうか。別に崖を避ければいいじゃないですか。

 

沖縄本島の北谷町から上陸した米軍が、ハクソー・リッジに押し寄せた理由。

それは、日本軍の司令部が首里城にあったからですね。

ちょうど、浦添市は北谷町と首里城に位置していて、日本軍はここを死守せねば、司令部がやられてしまいます。

このハクソー・リッジの戦いは日本軍としても負けられなかったのです。

首里城を守るための攻防戦だったのです。

そのこともあり、ハクソー・リッジの後は首里城にも行ってみました。

 

かつて激戦区だったハクソー・リッジの周辺はものすごくのどか。

周囲には幼稚園もあり、この様子からは75年前に日米がせめぎ合った激戦地があったとは信じられません。

かつて、米軍の本土上陸を防ぐため、ここで死にものぐらいで祖国のために戦った日本軍の祖先たちがいたからこそ、今こうして平和に映画の聖地巡礼をできているのだとしみじみ。

 

実際に映画の舞台に行ってみることで、映画鑑賞では気づかなかった背景を知れて、現地に行ってみて正解でした。

ぜひ映画『ハクソー・リッジ』を見た方はハクソー・リッジの舞台も訪れてみてくださいね。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。