埼玉県入間市がモデル!『ホッタラケの島』の聖地巡礼にいってきた




『ホッタラケの島』ってどんな映画??

先日、Amazonプライム・ビデオで『ホッタラケの島』を見ました。

 

簡単にいうと、

人間がほったらかしにしたものを、狐が盗ってしまう世界観。


主人公は「母からもらった手鏡」をほったらかしにし、紛失しました。

この鏡を返してもらうため、稲荷へ祈りにいったところ、狐を発見。

その後、ホッタラケの島に入り込んでしまう話です。

 

正直あまり期待していなかったのですが、

想像以上にファンタジー

で興味深い作品でした。

 

『ホッタラケの島』の世界は、人間がほったらかしにしたもので作られていて、どこか懐かしい感じがします。

このファンタジー性に加えて、

泣きどころを設けていたのも評価できます。

好きだったのは、回想シーンで父親がハンバーグ弁当を作るくだり。

僕の涙腺も、ついつい緩んでしまいましたね。

 

と、以上のような物語です。

なぜ、僕がこの映画を見ようかと思ったかというと、

僕の出身地「埼玉県入間市」がモデルになった映画だったからなのです。

 

大学生の頃、街の至る所に「ホッタラケの島のポスター」が貼ってあったの思い出します。

せっかくなので、実家に帰省したタイミングで、「埼玉県入間市」で聖地巡礼してきました。

ホッタラケの島 入間市

 

 

埼玉県入間市におけるホッタラケの島の聖地巡礼

『ホッタラケの島』でモデルになったのは、

  • ハヤタ稲荷
  • 出雲祝神社

の2箇所。

埼玉県入間市の「宮寺」という地区にあります。

主人公がホッタラケ島に入る前の冒頭で描かれていました。

出番としては少ないですが、物語の起点となる重要なシーンです。

 

「ハヤタ稲荷」と「出雲祝神社」はお互いに距離が近いです。

どちらかを目指せばもれなくホッタラケの島の聖地巡礼をできるでしょう。

実家からママチャリで30分ほどで到着し、巡礼コミコミで2時間ぐらいかかりました。

 

10年前の映画ということもあり、聖地巡礼人が僕以外にはおらず。

なんとか案内の看板を発見できました。

 

ハヤタ稲荷

まずハヤタ稲荷ですね。

ホッタラケの島 入間市

作中に出てくる「稲荷」のモデルです。

ホッタラケの島 入間市

映画「ホッタラケの島」より

なくなった物を返して、と主人公がお願いに行く、あの場所であります。

映画「ホッタラケの島」より

作中では、稲荷前に「卵を置く台」があって、そこに卵を置いてお願い事をしていましたね?

ホッタラケの島 入間市

映画「ホッタラケの島」より

嬉しいことに、現実の稲荷にもその台はありましたよ。(卵はなかったですが)

ホッタラケの島 入間市

車道の脇に忽然と現れるこの稲荷は、個人が所有している施設だそう。

興奮したとしても騒がないほうが良さそうです。

ホッタラケの島 入間市

 

映画中の稲荷とそっくりで、

稲荷の中のキツネまで実際にありました。

ホッタラケの島 入間市

映画で忠実に再現されすぎていて、もはやどっちが現物かわかりません。

それから、隣には絵馬スペースがありました。

ホッタラケの島オリジナルの絵馬に、人々がお願い事を書いていました。

ホッタラケの島 入間市

 

出雲祝神社

さて、ハヤタ稲荷から歩いて1分ほどで、今度は「出雲祝神社」に到着。

ホッタラケの島 入間市

映画では主人公が「テオ」と出会う場所ですね。

ホッタラケの島 入間市

映画「ホッタラケの島」より

飛行機を拝借している「テオ」を発見。

それを機に、ホッタラケの世界に紛れ込んでしまう「物語の転換期」がここで描かれます。

ホッタラケの島 入間市

映画「ホッタラケの島」より

あと印象的だったのが、エンディングのシーン。

主人公が父と階段で電話しながら、ご飯の約束をしたシーンがありました。

 

実際にロケ地に行ってみたところ、やはり似ていました。

ホッタラケの島 入間市

縄が2つぶら下がっているところまで一緒。

ただ、残念だったのは、主人公が隠れた「木の階段」がなかったこと。

ホッタラケの島 入間市

出雲祝神社の階段は「石段」だったのです。

とてもじゃないですが、石の下には隠れられませんよね。

ただ、本堂の雰囲気はそっくりで大満足です。

 

 

さあ、埼玉県入間市に行ってみよう

じつに、ホッタラケの島は10年前の作品です。

当然、当時の熱狂ぶりは入間市にはなく、この作品自体が「ホッタラケ」になり始めているのかもしれません。

ホッタラケの島 入間市

僕の他に、聖地巡礼している人はいませんでしたから。

 

ただ、『ホッタラケの島』のファンタジー性は10年経っても健在。

ファンタジー映画が好きな方はハマると思われますので、よかったら鑑賞してみてください。

今ならAmazonプライム・ビデオで見られますよ。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。