110本から選んだ!2018年に鑑賞した面白い映画ランキング TOP10




 2018年に鑑賞した映画を振り返ってみた

どうも、Kenです。天ぷらで、もめてます。

 

今日は2018年12月31日。

2018年も 終わりが近づいてきている今日は、毎年恒例となっている

その年に見た映画の中で面白かったランキング

というものを今年も作っていこうと思います。

映画アプリ「フィルマークス」で2018年に鑑賞した映画を数えてみたところ、合計で

110本

の映画を見ていることが判明しました。

昨年度は117本見ていましたので、昨年より7本入っていますが大体110本ぐらいのペースで、毎年映画をみれていますね。

今年も映画には随分お世話になりました。

 

ってことで、今日は、2018年に鑑賞した110本の映画から面白かったトップクラスの映画をランキング形式でまとめていきますよ。

といっても、このランキングは「ぼくが2018年に鑑賞した映画」のものなので、上映年月が古い映画も入り混じっているのでそこらへんはご了承ください笑

 

2018年に鑑賞した面白い映画ランキング TOP10

まずは注目の第10位からですね。

 

第10位. スマホを落としただけなのに

美女との婚約も決まっていて、仕事も順調だった会社員の男性がスマホを落としたうっかりミスから物語が動き出します。

そのトラブルから、スマホを落とした本人だけでなく、その婚約者だった美女にも悲劇が襲いかかるという話になっています。

どうやらこの映画はリングの監督が作ったものらしく、全体的にホラー臭が漂っている怖い映画。

面白かったのが

被害にあった女性がスマホ落としてわけではない

ということ。

てっきりこのタイトルを読んだ時には、落した本人が酷い目に遭うこと思っていたのですが、落とした本人と近しい間柄にあった人物に不幸が訪れるという点にこの現代の危うさが描かれていると思います。

ただ、この映画は普通に怖いので、一人ではなく複数人で見てみて励ましいながら鑑賞することをおすすめします。ぼくは犯人の顔が何度か夢に出てきて鑑賞後2~3日は引きずってましたからね。

 

第9位. ヴェノム

マーベルのヒーローものの映画なんですが、新しかったのは今回のヒーローが寄生型のヒーローだったということです。

「寄生」と言うとヴェノムに怒られそうですが、あいつは宇宙からやってきたはモンスターでありまして、そのモンスターが冴えない中年男性に寄生するのです。

そのヴェノムと男性が合体して一つになることで、ヴェノムも男も力を発揮できるという共存型のヒーローであるという点が新しかったですね。

ストーリーのテンポもよく、昨今のヒーローものの映画の中で最も楽しませてもらったいい映画でした。

 

第8位.TIME/タイム

こちらは最新の映画ではなく2011年の映画だったのですが Amazon プライムで鑑賞してみたところ、この世界観にハマってしまいました。

この物語では「お金」が「時間」に変わっていて、時間で物を売買したりするようになっています。

また、全ての人々が25歳で年齢がストップし、それ以降はその25歳の肉体、顔つきのまま歳をとっていくという世界が描かれています。

参考になったのが、お金が時間に変わっても世界の本質は変わらなかったということ。

社会には階級が残っていますし、人の行動もそれほどお金を使おうが時間を使おうが違いがないことが描かれていました。

面白いSF 映画を探している方におすすめの映画です。

 

第7位. きっとうまくいく

3時間越えのインド映画。

長編の映画でしたがダレることなく、ストーリーがしっかりしていて笑いどころもあって感動できる普通に素晴らしい映画でした。

何より僕がはまってしまったのは、おそらく、

舞台が工学部の大学だった

という理由もあるのでしょう。

ぼく自身、機械工学科を卒業したという経緯で、機械工学の勉強してもなかなかハマれない身でした。

そういうこともあって、主人公のトリオたちに自分を重ねて見ていたところもありました。

ただ、この映画はこれから登場する映画「パッチアダムス」のシナリオと若干被っており、

インド版パッチアダムス

と言っていいでしょう笑

 

第6位. アイトーニャ

トーニャという天才スケーターと、彼女を取り巻く周辺が織りなす実話に基づいた本当のストーリー。

トーニャは最初にトリプルアクセルを飛んだ女性で、スケート業界では有名らしかったんですが、ぼくはこの映画を見るまで存在を知りませんでした。

しかも、普通のスケーターではなく、ライバルのスケーター貶めたという事件を起こしてしまい、いい意味でも悪い意味でも人々の印象に残っているスケーターみたいです。

トーニャ云々というよりも、トーニャの周辺に集まってくるやつらががやばくておかしな人々ばかりで、そいつらがトラブルを巻き起こす様が描かれています。

こんなにクレイジーでアウトローなスケーターがいたのかよ!?

と実話であることに腰を抜かされます。

 

第5位. ワンダー 君は太陽

生まれつき顔が変形して生まれてしまった少年の物語。

小さい頃はその顔つきから公共公立の学校には入れず、ホームスクールで教育していましたが、勇気をもって普通の学校に通い始めました。

そこで様々な少年の葛藤と成長が描かれているのですが、この映画の面白いところは物語の伝え方が群像劇になっているということです。

つまり、物語の視点が主人公の少年だけではなく、少年の姉、母親、友達などなどを物語を語る視点が変わっていくのです。

その様子はまるで群像劇の小説を読んでいるかのような心地になるでしょう。

複数のキャラクターの内面を通してストーリーを追うことができる映画になっています。

 

第4位. シュガーラッシュオンライン

2011年に上映された映画シュガーラッシュの続編。

シュガーラッシュではゲームセンターに置かれたマシーンの中で活躍するキャラクター達の日常生活が描かれています。

今回の続編では、ゲームマシンをインターネットを接続し、キャラクターたちがインターネットの世界を旅することになります。

映画ではオンラインゲームが出てきたり、ゲームだけではなく僕らが日常生活で使っているオンラインサービスなどの独特の楽しい世界観で描かれています。

中でも心を打たれたのが、友情のあるべき姿ですね。

友情とは移り変わりゆくもので、時には夢や目標が異なって、異なる進路を選ばなければならないことが出てきます。

その友の別れに接した時、どうする??

という教訓めいたメッセージも込められており、おじさんにカテゴリーされそうなぼくも心を揺さぶられました。

また、感動だけでなく、ディズニーの総合力を駆使した笑いもあり、大満足の映画でした。

2018年の暮れにこの映画を見れて良かったと思います。

 

第3位. マイノリティリポート

未来の犯罪を予知できるようになった将来の話です。

預言者と呼ばれる特殊能力を持った3人がいて、彼ら彼女らが事件が発生する未来のイメージを見て、それをもとに事件が起きる前に現場に駆けつけて、大惨事が起こるのを防ぐという物語になっています。

マイノリティリポートで描かれる未来の生活の様子というのも興味深い。

今流行りのスマートスピーカー も出てきますし、近未来がリアルに描かれています。また、大どんでん返し的な要素も含まれていて鑑賞者を飽きさせない構成も見応えがありました。

 

第2位. グレイテストショーマン

やはり2018年と言ったらこの映画です。

イギリスで服の仕立て屋の息子だった男が、持ち前のユーモアと起業精神でイギリスの階級をのし上がっていくという話が描かれています。

ミュージカル座の映画で、所々に歌を挟みながら物語が進行していて、飽きさせずにとても魅力的なストーリーを僕らに伝えてくれます。

やはり、ストーリーの落差がいいですよね、変位差とでもいいっていいのか。

何ものでもなかったならず者から、己の実力とガッツでのし上がっていく様は見るものに勇気と希望を与え、

よし、いっちょやったるか

という気持ちにさせてくれます。

また、歌も当然素晴らしく、中でもぼくが好きだったのはヨーロッパの歌手が歌い上げる「Never Enough」。人の欲望には際限がなく、人々が羨む成功を手にしてもまだ満足できずに多くを手に入れようとする人間の欲望のようなものがビリビリ伝わってきます。

好きすぎて思わずサントラを買ってしまったのは言うまでもありません。

 

第1位. パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー

第1位に輝いたのがパッチアダムスと言うちょっと古い映画です。

1998年に製作された映画で、しかも実話に基づいた映画というのがすごいですね。

あらすじを簡単に言うと、精神病棟に入っていた男が自分みたいな精神の病気を持つ人々を治療したいという思いで、年を食いながらも医学部に入学し、精神科の医師になろうとした物語です。

従来の医学の伝統に立ち向かう姿勢が素晴らしく、ユーモアや人間性によって患者の病気を治していく治療も必要だという伝統的な医学にはなかった視点を主人公のパッチが果敢に吹き込んでいく様が描かれています。

自分はこういうこれまで常識とされていた伝統や慣習に挑戦する主人公の映画が好きなのかもしれません笑

 

 

2019年も面白い映画と出会えるといいな

以上が2018年に干渉した中で面白かった映画のベスト10でした。

2018に鑑賞した映画を振り返ってみますと、

時が過ぎるのは早いけれども色々なことをした一年だったなあ

と映画を通して2018年を思い出すことができました。

来たる2019年もいろいろな映画をみることでメンタルを癒し、想像力をもらい、無事に健康で生きていきたいと思います。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

Eigarの編集・執筆を担当。年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 Filmarksアカウントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。