『イソップの思うツボ』に隠されたもう1つの真実




先日『イソップの思うツボ』を観てきました。

『カメラを止めるな』の上田監督を中心としたチームが手掛けました。

実際にみたところ『カメラを止めるな』と同様に「驚きの展開」を楽しめた映画だったのです。

 

※以下ネタバレ

 

 

『イソップの思うツボ』に隠されたもう1つの真実

映画を見終わって

「ふわああ良かったなああ」

と帰宅。

しかし鑑賞から3時間ほどたち、物語で触れられず終わった「矛盾点」が脳内に急浮上。

 

それは、

なぜミワは先生に見とれていたのか?

です。

ミワは先生の正体が「実の兄」と知っていたはず。

先生(兄)に見とれるはずはありません。

むしろ、正体を気づかれないよう、関係ないふりをするのが筋です。

「演技する必要はないのに、どうして見とれているのだろう・・・・・」

と疑問に思ったところ「ハッ」と突如ひらめきました。

 

もしかしたら、

ミワは先生ではなく、サオリに見とれていた

可能性があります。

 

あるワンシーンで、サオリがミワに

「私のこと好きなの?」

と迫るシーンがあり、それに対し、ミワは

「いや、違うよ」

と否定して、

「好きな人がいるの?」

と聞き返す場面がありましたね。

 

実はこの時、

ミワはサオリに見惚れていたのかもしれません。

その視線に気付いてサオリが質問した可能性があります。

 

ただし、サオリはヘテロの女性で、男性が好き。

彼女に「男性が好き」と言われて、ミワはショックだったのでしょう。

 

その後、物語の転調が起きました。

「ミワはサオリが好き」だからこそ、サオリ一家を殺さず復讐したのです。

劇中ではその理由を

「名前を覚えてくれていたから」

と答えていましたが、それは建前。

本音は、

サオリを好きになったから

だった可能性があります。

 

もちろん、ここまでは僕の推測です。

物語では明確に触れられず、真相は定かではありません。

僕と同じように考えた方がいると嬉しいですね。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。