つまらないなら離脱すべし!映画館でも途中退出しよう




つまらない映画だったら途中退出する??

 

先日『風の電話』を1900円払って鑑賞し始めたのですが、無念の途中退室。

ワンカットが長すぎたのがまず1点。

それに加え、役者の自然体に任せすぎた演技が多く、テンポも悪いのが2点目。

そして、ストーリーの各所にみどころがありません。

開始5分で嫌な予感はしましたが、いくら待っても転調せず、開始50分で退室しました。

 

映画が怖いところは、鑑賞するまで楽しいかわからないことです。

映画館にいったら(自分にとって)ハズレだった

という事件はたまに起きるでしょう。

 

個人的には、

上映途中でも退出するべきだ

と考えます。つまらない映画を見続けていると、支払ったお金の損失に加えて、

自分の時間

という「お金よりも大事な資源」まで失いますからね。

鑑賞料金は脇に置いておいて「時間」を救うべきなのです。

 

なぜこう思うようになったのでしょうか?

『インベスターZ(二)』の影響を受けているかもしれません。

この漫画では、

映画の途中退室のエピソードが描かれています。

 

投資部では毎年新入生に「あるテスト」をおこないます。

つまらない映画を途中退室できるか?

です。

 

つまらない映画を途中退室できるやつほど、投資において損切りが早くできる

と言われていました。

インベスターZ第2巻(KIndle版 位置No.61)より

主人公の財前は「開始21分」で出てきたようです。

一方、部長の神代は16分。

ちなみに、「渡辺」という先輩は86分かかったようですね。

わたしは「50分」でしたので、

神代 > 財前 > わたし > 渡辺

という位置付けです。

 

映画館から途中退室することは大事です。

1度払ったお金は取り戻せませんが「時間」は救えるのです。

 

それでも、途中退出が惜しい方は、次のように考えるといいですよ。

それは、

嫌いな苦手な映画タイプがわかった

という収穫があった、と。

苦手タイプを知るためには、苦手な映画を見るしかありません。

それをお金を払って知れたのは大きいですよね。

 

わたしの場合、

ドキュメンタリー映画をつまらないと感じる

とわかってきました。

ドキュメンタリーでは、現存の人物や出来事を描くので、ストーリーがありません。

描写もインタビュー形式になり、長いカットになりやすいです。

わたしは映画館にストーリーを求めているので、ドキュメンタリーは退屈に思えるのです。

今回の『風の電話』では、ワンカットのシーンが長く、役者の自然体に任せることが多かったので、描写がドキュメンタリーに近かったのでしょう。

 

途中退室したのは金銭的には痛いですが、

つまらない映画を見続けて「時間」を失うよりマシ。

しかも、苦手タイプが判明した、というおまけ付きですからね。

つまらない映画をチョイスしてしまったら途中退室しましょう。

 

それでは!

Ken

 

ABOUTこの記事をかいた人

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。