つまらないなら離脱すべし!映画館でも途中退出しよう




つまらない映画だったら途中退出してもいい??

 

先日、「風の電話」と言う映画を1900円払って見に行ったのですが、無念の途中退室という結果に。

なぜなら、ワンカットが長くて役者の演技というか、自然体に任せすぎた描写が多くてテンポも悪く、そして、みどころがなくて退屈してしまったのです。

開始5分で嫌な予感がしていましたが、いくら待っても見所がなかったので開始五50分で途中で出てきてしまいました。

 

やはり、映画はぶっちゃけ実際に鑑賞してみるまで楽しいか分かりません。

このように時々、

映画館に見にいったらハズレ映画だった

という事件が起きてしまうでしょう。

 

個人的には、

映画館に見に行ってもガンガン退出するべきだと思っています。

つまらない映画を見続けていると、支払ったお金の損失に加えて、

自分の時間

というお金よりも大事な資源まで失ってしまいます。

一度支払った映画鑑賞料金は脇に置いておいて、今決断して救える「時間」という貴重な資源を確保すべきだと思うのです。

 

なぜこう思うようになったかというと、インベスターZの第二巻に影響されているのかもしれません。

この漫画でちょうど、

映画の途中退室のエピソードが描かれていたからです。

 

投資部では毎年新入生にあるテストを行います。

それは、

つまらない映画を途中で退室できるか?

というテストです。

 

つまらない映画を途中退室できるやつほど、投資において損切りが早くできる

と言われていました。

インベスターZ第2巻(KIndle版 位置No.61)より

主人公の財前は開始21分で映画館から出てきたようです。一方、部長でキャプテンの神代は16分出ててきたようです。

渡辺という先輩は86分かかったみたいですけどね。

 

僕は50分かかりまかかりましたので、財前・神代よりはかかってしまって、渡辺よりは早く出てきたことになります。

 

このように映画館から途中退室するということはわりと大事。

1度払ったお金よりも、これから損失するかもしれない大切なものを決断で救うことができるのです。

これからの決断で救える資源に目を向けて抜ける思考がないと途中退室できないですよね。

 

それでも、映画館から途中退出するのが惜しいという方は次のように考えるといいですよ。

それは、

嫌いな苦手な映画のタイプがわかった

という収穫があったと。

やはり、自分が苦手な映画のタイプを知るためには苦手な映画を見ることでしか知り得ないので、それをわざわざお金を払って知れたのは大きいですよね。

 

僕の場合、傾向的に、

ドキュメンタリー映画がつまらないと感じてしまいます。

リアルな人物や出来事を描くので、ストーリーがなく、描写もインタビュー形式になるので長いカットになりやすいです。

キュメンタリー映画では物語の構成というストーリー性が少なくて、ストーリー好きな僕にとってはえ退屈に思えてしまうのです。

 

数々のつまらない苦手な映画を鑑賞した経験から、

なるべくドキュメンタリー映画は避けるようにしています笑

評判のいい映画であったとしても、ドキュメンタリーだと躊躇してしまいますね。

 

おそらく、今回の「風の電話」という映画では、ワンカットのシーンが長くて映像の編集というよりは、役者の自然体に任せることが多かったので、描写としてはドキュメンタリー映画に近かったためと思われます。

やはり個人的に、ストーリーが意図的に構成された脚本の力が強い人工的な映画が好きです。ハリウッド映画などを好みますね。

 

確かに、途中退室したのは金銭的には痛いですが、

つまらない映画を見続けて時間をさらに失うよりは全然マシ。

しかも、苦手な映画のタイプが分かったというおまけ付きですからね。

つまらない映画のハズレくじを引いてしまったらガンガン途中退室していきましょう。

 

それでは!

Ken

 

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。