1分でわかる!映画「LION/ライオン」のあらすじ・ネタバレ・評価・感想




映画「LION/ライオン」の評価

得点 82点
ジャンル リアルストーリー
活用シーン 日常に喜びを感じなくなった時
推奨鑑賞人数 2人以上がいいでしょう






 

※以下、ネタバレ※

 
 

映画「LION/ライオン」のネタバレ・あらすじ

とあるインドのど田舎に、「サルー」という少年が住んでいました。

lion ライオン あらすじ ネタバレ

お兄ちゃんの「クドゥ」がいいやつで、サルーは結構世話を見てもらっていました。

 

とある日。

兄クドゥの夜の仕事について行ってしまったサルーは、間違えて超特急快速急行の回送列車に乗ってしまい、兄とはぐれて一人でインドの大都市カルカッタに到着します。

 

lion ライオン あらすじ ネタバレ

 

カルカッタではヒンドゥー語が通じず、大苦戦。

石運びを手伝うかなんかで生き延びていましたが、ついに警察に見つかり孤児院に入ります。

そこでの日々は安全でしたが、決して快適なものと言えませんでした。

 

そんなある日、主人公サルーに、オーストラリアの裕福な家庭への養子話が舞い込みます。

こうして、サルーは故郷インドを離れてオーストラリアで過ごすことになるのです。

lion ライオン あらすじ ネタバレ

 

養子先の家庭はとてもとても裕福。

十分すぎるほど愛を受けて育ち、大学入学を機に、生まれ育った故郷を離れます。

lion ライオン あらすじ ネタバレ

そこで出会った仲間に自分の生い立ちを話した時、あるインド出身の友人が、

「Google Earthで自分の生まれ故郷探してみればいいじゃん?」

と提案してきたのです。

 

これがきっかけとなり、サルーは電車の速度などを計算したり、故郷の最寄駅の特徴だった給水塔がある駅を Google Earthで探したりして生まれ故郷を探し始めました。

 

lion ライオン あらすじ ネタバレ

 

このサルーの執念が実り、ついに、故郷をGoogle Earth上で探し出しました。

25年ぶりに故郷の自分の家に戻ってみると、そこには、

母の姿が。

兄クドゥはすでに亡くなっていましたが、無事に25年ぶりに実の母に再会できたのです。

lion ライオン あらすじ ネタバレ

母曰く、息子がいつ帰ってくるかわからないので、引っ越さなかったとか。

メデタシめたし。

 

 

映画「LION/ライオン」の感想

この映画の見所は次の2点。

  1. サルーを育てた義理の母親
  2. サルーを生んだ母親

 

サルーを養子に取り、大人になるまで育てた養子先の母親が偉大すぎる。

彼女は子供が産めない訳ではありませんでしたが、サルーと、もう一人インドからの子供を養子に取りました。

夢で何度もインドの子供達がでてきたため、自分の使命はインドの子供達をできるだけ多く養子に取り、立派に育て上げることだと考えたのです。

マザーテレサのような夫婦が実際に存在していることに驚愕。

 

一方、サルーを生んだ実の母親もすごい。

サルーを見失ってから25年間もの間、いつかサルーが帰ってくるのではないかと信じ続け、一つの場所に住み続けました。

息子の生還を長期間信じ続けられる母の偉大さに圧倒されます。

 

という感じで、映画「LION/ライオン」は、

母の偉大さ

に触れることができる映画だと思います。

興味がある方はよかったらみてみてくださいね。

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。