1分でわかる!映画「ふたりの男とひとりの女」のあらすじ・ネタバレ・評価




映画「ふたりの男とひとりの女」の評価

得点 95点
ジャンル ラブコメディ
活用シーン デートで、または家で一人で鑑賞してもいい
推奨鑑賞人数 1人または2人






 

 

映画「ふたりの男とひとりの女」のネタバレ・あらすじ

とある現代のアメリカ。

とある田舎の州に「チャーリー」という平凡な警察官がいました。

チャーリーはいい人すぎて周囲に舐められてばかり。

近所の子供にバカにされたり、レジの列を不当に抜かされたり、違法駐車を取り締まれないなど、していたのです。

 

しかし、ある日、チャーリーの怒りが爆発。

爆発しすぎて、チャーリーの中に「ハンク」というもう一人のやばい人格が宿ってしまったのです。

ハンクになった時のチャーリーはとんでもない行動を起こし、村中でトラブルを次々に引き起こしてしまいます。

医者からは精神分裂病と診断されて薬まで処方される始末でした。

 

そんな時、「アイリーン」という美女が警察署でトラブルで搬送されてきました。

彼女はどうやら、悪党の「リチャード」という男の秘密を知っていたため、命を狙われていたらしいのです。

はるか遠くのニューヨーク州までアイリーンは行かねばならず、精神病のチャーリーがアイリーンを白バイで送り届けなけらばならなくなりました。

※以下、ネタバレ※

 

しかし、道中さながら、チャーリーが精神薬をホテルに置き忘れてしまったので、チャーリーの中にハンクがいつでも出てこれる状態に。

ハンクとチャーリーが入れ替わりながらも、アイリーンを守りながら逃げていきます。

道中にさまざまなトラブルに巻き込まれますが、無事に悪党リチャードからアイリーンを守ることに成功。

 

問題を解決した後、チャーリーはアイリーンにプロポーズ。

見事に成功し、二人は幸せに暮らしましたとさ。

 

THE END

 

 

映画「ふたりの男とひとりの女」の感想

ふたりの男とひとりの女のあらすじは書いてしまうと、ものすごくシンプルですが、

この映画にはたくさんの笑いのポイントが仕掛けられています。

 

牛、黒人の天才3兄弟、ホワイティ、鼻の息の音、などなど数え切れないでしょう。

笑いのポイントがいたるところに仕掛けられすぎて、映画の鑑賞中は常に笑っていたと思います笑

最近笑ってないな、という方にオススメのコメディ映画ですね。

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。