【ネタバレ&感想】映画「パラサイト 半地下の家族」の冒頭に隠された「目に見えない偏見」




 

先日、韓国映画の「パラサイト 半地下の家族」を見てきました。

アメリカのラジオ番組で2019年ベストムービーの1位に選ばれていて前から気になっていた映画でした。

これはまさに韓国版の万引き家族。

韓国で経済格差に喘ぐ半地下に進む貧困家族と、地下からは遠ざかっている富裕層家族の格差を描いた作品です。

コメディでもあり、ホラーでもあり、社会派の映画でもあり、鑑賞後は印象に残りすぎて夜の夢に出てきてしまったほどでしたね。

 

ここから先はネタバレ

 

さて。

僕が一番この映画で引っかかった鍵だと思ったシーンは冒頭の1場面。

主人公の青年ギウに友人のギニョクがやってきて家庭教師の仕事を頼むところ。

この仕事は引き受けたがゆえに、ギウの家族を巻き込む大事件に発展していくので、重要なシーンであることは間違いありません。

 

ここで1つ浮かんできた疑問は、

なぜギニョクはギウを選んだのか?

ということです。

もっとマシな友人はいなかったのでしょうか??

 

映画中ではギニョク曰く、

「同じ大学のやつらは信用できねえ。でもお前なら信用できる」

という理由をつけて仕事を紹介したという体になっていましたね?

最初見た時はその理由に納得し、

  • ギウがいいやつだから
  • 友情があるから信じられる
  • ギウは草食系だから教え子を取らない

そんな理由で仕事を任せたと思っていたのですが、映画を鑑賞した後には「違う印象」が残りました。

 

おそらく、留学までしてしまう大学生ギニョウはスーパースター学生。成績も優秀で将来も有望視されていることは間違えありません。

そんなギニョウは、無意識にギウに偏見を持っていたのだと考えます。

 

ギウを選んだ理由は、

富裕層の娘ダヘと半地下に住む貧困層のギウは、絶対にどんなことがあってもカップルになることはない

と確信があったのではないでしょうか。

だからあえて、同じ富裕層の同級生ではなく、大学に入れない浪人生のギウを選んだのでしょう。

 

ギウ自身もそれに気づくシーンが作中で描かれています。

それは、富裕家族の息子のダソンの誕生会を二階から眺めるシーン。

生徒のダヘに

「俺ってここに馴染めるかな」

とギウが聞いているシーンがありましたよね。

おそらく彼はこの時点で、2つの家族の経済格差、階級の違いを身に染みて感じていて、

ダヘを手に入れる気力は残っていないようでしたからね。

ぼくもこのシーンを経てようやく冒頭のトリックというか、

一見すると浮かんでこない経済格差による差別、偏見

が仕事を紹介するシーンに描かれていたのだと思い至りました。

 

うん、やはり最後まで見終わってから冒頭の仕事を依頼するシーンが急に光ってくるような映画でしたね。

なかなか面白い映画でしたので良かったら鑑賞してみてください。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

Eigarの編集・執筆を担当。年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 Filmarksアカウントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。