映画『パラサイト』に隠された「目に見えない偏見」




 

先日『パラサイト 半地下の家族』を見ました。

アメリカのラジオ番組で「2019年ベストムービー」の1位に選ばれていて、前から気になっていました。

 

これはまさに韓国版の『万引き家族』。

半地下に住む貧困家族と、地上に住む富裕層家族の格差を描いた作品です。

コメディでもあり、ホラーでもあり、社会派の映画でもあり、鑑賞後は印象に残りすぎて夜の夢に出てきてしまったほど。

 

ここから先はネタバレ

 

さて。

引っかかったシーンは冒頭の1場面。

主人公「ギウ」に友人「ギニョク」が仕事を頼むところ。

仕事を引き受けたがゆえ、家族を巻き込む大事件に発展していくので、重要であることは間違いありません。

 

ここで1つ浮かんできた疑問は、

なぜギニョクはギウを選んだのか?

です。

もっとマシな友人はいなかったのでしょうか??

 

作中でギニョク曰く、

「同じ大学のやつらは信用できねえ。でもお前なら信用できる」

という理由で紹介した体になっていました。

最初見た時は納得し、

  • ギウがいいやつだから
  • 友情があるから信じられる
  • 草食系だから教え子を取らない

そんな理由で任せたと思っていましたが、鑑賞後には「違う印象」が残りました。

 

大学生ギニョウは留学するぐらいですから、スーパー大学生。

成績も優秀で、将来も有望視されているのでしょう。

そんなギニョウは、ギウに無意識の偏見を持っていたと考えます。

 

ギウを選んだ理由は、

富裕層の娘「ダヘ」と半地下の「ギウ」はカップルにならない

と確信していたからではないでしょうか。

だからあえて、同じ富裕層に属する同級生ではなく、大学に入れない浪人生のギウを選んだのでしょう。

 

ギウ自身もそれに気づくシーンが作中で描かれています。

それは、ダソンの誕生会を2階から眺めるシーンです。

ダヘに

「俺ってここに馴染めるかな」

と聞いていました。

 

おそらく彼はこの時点で、家族間の経済格差、階級の違いを感じ、

ダヘを手に入れる気力は残っていませんでした。

 

ぼくもこのシーンを経て冒頭のトリックというか、

表面上は見えない経済格差による差別・偏見

が「仕事の紹介シーン」で描かれていたのだ、と悟りました。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。