【座席表あり】新宿ピカデリーのシアター9でみやすい席はどれ?




新宿ピカデリーのシアター9で見やすい席はどこ??

どうも、Kenです。カリビアン、目指してます。

 

先日、アクアマンという映画を新宿ピカデリーで観てきました。

新宿ピカデリー シアター9

この映画は海底の大王国アトランティスの女王と人間の一般人の間に生まれた子供がすくすく成長し、アクアマンとして地上とアトランティス王国を救うというお話。

最初は設定が面白くワクワクしていたのですが、若干映画の中の要素が多すぎてちょっと長く感じてしまったのが残念でしたね。

 

さて。

じつは、この僕が見たアクアマンという映画は何ということが偶然なんですけども

新宿ピカデリーのシアター9だったのです。

新宿ピカデリー シアター9

そこで今日は、新宿ピカデリーのシアター9で実際に映画を鑑賞してきたぼくが、

シアター9で見やすい席を徹底分析していきます。

よかったら新宿ピカデリーでチケットを予約する際に参考にしてみてくださいね。

 

 

これが新宿ピカデリーのシアター9だ!!

まずは新宿ピカデリーのシアター9の基本スペックから復習していきましょう。

新宿ピカデリー シアター9
席数 127(うち車椅子席2 つ)
出口の数 左前方に1つ
スクリーンの大きさ 8.00m × 3.30m
音響設備 不明
フロア 11F

全部で127名の映画館鑑賞者を収容できるシアターになっています。

新宿ピカデリーの中では中堅どころでちょうど真ん中ぐらいの規模に当たるシアターですね。

出入り口は左前方に一箇所用意されていますので左サイドの方が入りやすいでしょう。

最上階の11階にありますので時間に余裕を持ってシアター入りすることをおすすめします。さもなくば、エスカレーターを駆け上がることになります・・・・

 

見やすい座席は??

新宿ピカデリーのシアター9で見やすい座席はどれなのでしょうか??

「見やすい」という定義をスクリーンの中心で映画鑑賞するということにすれば、

8〜11列がおすすめです。

新宿ピカデリー シアター9

なぜなら、スクリーンの中心線が大体9列と10列の間を通っているからですね。

その左右一列ずつずらした8・11列も見やすいことには間違いないのでそこらへんを狙っていこうじゃありませんか。

また、高さを出したいという方は、この列に近く、なおかつ、

E〜G行の座席を狙っていけばいいですね。

新宿ピカデリー シアター9

 

入りやすい席は??

入りやすい座席は、2と5列の席です。

新宿ピカデリー シアター9

なぜなら、左側の通路沿いの席になるかですね。

このシアター内には左前方に一箇所しか出入り口がありませんので、当然のことながら、左側の通路沿いの席は入りやすさ抜群です。

 

また、16列の座席も強いていうなら入りやすいでしょう。

新宿ピカデリー シアター9

この席は右側の通路沿いの席なので、周囲の人々に惑わされずに入退場が可能になっています。

ただ、右サイドには出入り口を用意されていませんので、着席する時にはスクリーンの前を横切ることになりますけどね。

 

ぼくが実際に座ってみた座席

とまあこんな感じで偉そうに分析してみましたが、実際にぼくが取得できた座席は、

F行16列の座席でした。

新宿ピカデリー シアター9

僕は入りやすさを優先して2列、5列を狙っていたのですが、予約の画面を見る限り、左サイドに人が集中していたのです。

たぶん、みんなこのブログを読んで座席の選び方にこだわりを持ち始めているのでしょう。

 

逆に、右サイドはがら空きだったので、右の通路沿いの席を試しに取ってみました。

しかしながら、上映開始直前でチケットが売れたためか、実際に現地に到着してみると、

右サイドもけっこう人が埋まっていた!満員!

結果的にスペースを狙った作戦は失敗しましたが、まあ、ナイストライでしたね。

この「F16」からはこんな感じでスクリーンが見えます↓

新宿ピカデリー シアター9

スクリーンに対して若干斜めになっているものの、高さは充分出ていましたし、最高の環境で映画鑑賞できたと思っています。

 

さあ、新宿ピカデリーのシアター9で予約しよう!

以上が新宿ピカデリーのシアター9の見やすい・入りやすい座席でした。

見やすい座席ならば、8〜11列がおすすめで、

新宿ピカデリー シアター9

入りやすい座席ならば、2と5列の席でしたね?

新宿ピカデリー シアター9

遠慮せずにガンガン新宿ピカデリーのシアター9のスイートスポットを狙っていきましょう。

 

それでは!

Ken

自宅での映画鑑賞に便利なおすすめVODサービス

2020年に自宅で映画みるならテレビ、スマホ、パソコンで動画を再生できるVODサービスがおすすめです。

インターネット環境さえあればいつでも何作品でも好きなだけ鑑賞できますよ。

 

第1位. Amazon Prime Video

月額料金(税込) ¥500
作品数 1.5~3万作品
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、ミュージックビデオ
特徴 安い。レンタルも可能。Amazon Primeの他の特典もあり
無料体験期間 30日間

 

第2位. U-NEXT

月額料金(税込) ¥2,189
作品数 見放題1万作品、レンタル1500本
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、まんが、雑誌、電子書籍、ミュージックビデオ
特徴 幅広いコンテンツの種類。レンタルも可能
無料体験期間 31日間

 

第3位. Hulu

月額料金(税込) ¥1,026
作品数 7万作品
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、ライブTV
特徴 アニメ作品に手厚い
無料体験期間 2週間

ABOUTこの記事をかいた人

ケンサワイ

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。