【座席表あり】新宿ピカデリーのシアター7でみやすい席はどれ?




新宿ピカデリーのシアター7で見やすい席はどこ??

どうも、Kenです。

 

新宿に映画館がたくさん存在していますが、今日はそのうちの、

新宿ピカデリー

という映画館に行ってみました。

「アイフィールプリティ」 という映画をずっと見たかったのですが、この新宿ピカデリーしか上映しておらず、なんとか公開終了前にぎりぎり間に合って良かったです。

新宿ピカデリーのシアター7

ということで、今日は、新宿ピカデリーのシアター7で実際に映画を鑑賞してきたぼくが、

シアター7で見やすい席を徹底分析していきます。

よかったら新宿ピカデリーでチケットを予約する際に参考にしてみてくださいね。

 

 

これが新宿ピカデリーのシアター7だ!!

まずは新宿ピカデリーのシアター7の基本スペックから復習していきましょう。

新宿ピカデリーのシアター7
席数 127(うち車椅子席2 つ)
出口の数 右前方に1つ
スクリーンの大きさ 7.90m × 3.30m
音響設備 不明
フロア 11F

新宿ピカデリーの中では中堅どころに値するシアター。

全部で127名の人数を収容することができ、出口は右前方に1箇所しかありません。

そのため、右サイドにポジショニングをした方が入りやすくなっていることになりますね。

このシアター7は最上階の11階にありますので、時間に余裕を持って現地入りすることをおすすめします。

さもなくば僕のように焦って息切れ状態でシートに着席することになりますからね。

 

見やすい座席は??

新宿ピカデリーのシアター7で見やすい座席はどれなのでしょうか??

「見やすい」という定義をスクリーンの中心で映画鑑賞するということにすれば、

7〜10列

がおすすめです。

新宿ピカデリーのシアター7

なぜなら、スクリーンの中心線が8列を9列の座席の間ちょうど通っているからですね。

その中心線を挟んでいる2列はもちろんのこと、その左右1列ズラした7と10列は見やすいと言ってもいいでしょう。

また、高さを出したいという方は、この列に近く、なおかつ、

E〜H行の座席

を狙っていけばいいですね。

中心性に加えて高さも考慮して席を選んでみてください。

 

入りやすい席は??

入りやすい座席は、

13か16列の席

です。

新宿ピカデリーのシアター7

なぜなら、これらの別の座席は右側の通路沿いになっているからですね。

このシアター7は右前方にしか入り口がありませんので、右側の通路沿いの席が入った席に入りやすいということになります。

 

また、2列の座席も強いていうなら入りやすいでしょう。

新宿ピカデリーのシアター7

この2列の座席らは左サイドの通路に面しているので、スクリーンの前を横切ることにはなりますが、通路沿いのため入りやすいと言ってもいいでしょう。

 

ぼくが実際に座ってみた座席

とまあこんな感じで偉そうに分析してみましたが、実際にぼくが取得できた座席は、

D行13列の座席でした。

新宿ピカデリーのシアター7

やはり僕が狙っていたのは極限まで入りやすさを極めた13列の座席でした。

しかしやはり、蓋を開けてみると、現実はそう上手くはいきませんでした。

みんな考えることは同じで、入りやすい座席を狙っているためか13列の席で、かつ高さが出ている良質な座席たちは既に予約済み。

苦し紛れに僕が確保できたのはD行の座席でした。

この座席からのスクリーンの見え方は大体こんな感じでしたね。

新宿ピカデリーのシアター7

右側に入口がある関係で、右端の座席を選んでも割とスクリーンの中心に近いのでラッキーでしたね。

ぜんぜん見やすい位置で良い席だったと思います。

 

さあ、新宿ピカデリーのシアター7で予約しよう!

以上が新宿ピカデリーのシアター7の見やすい・入りやすい座席でした。

見やすい座席ならば、

7〜10列、

新宿ピカデリーのシアター7

入りやすい座席ならば、

13か16列の席

新宿ピカデリーのシアター7

でしたね。

新宿ピカデリーのシアター7で映画を見るときはこれらの中心性と高さ、入りやすさを考慮して自分好みの座席を選んでみてくださいね。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

Eigarの編集・執筆を担当。年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 Filmarksアカウントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。