【座席表あり】新宿ピカデリーのシアター8でみやすい席はどれ?




新宿ピカデリーのシアター8で見やすい席はどこ??

どうも、Kenです。バナナで、回復です。

 

先日「新聞記者」という映画を新宿ピカデリーで鑑賞してきました。

この映画では主に権力と闘う人々が描かれていて、東邦新聞の海外で生まれ育ったジャーナリストの吉岡、さらに内閣府で働く若き官僚。

この両者とその周辺が未来のために自分の命を懸けて戦うクソ熱い映画で、わざわざ新宿ピカデリーに行って良かったと思います。

 

さて。

実は、この僕が「新聞記者」という映画を観たシアターは、偶然にも、

新宿ピカデリーのシアター8

だったのです。

そこで今日は、新宿ピカデリーのシアター8で実際に映画を鑑賞してきたぼくが、

シアター8で見やすい席を徹底分析していきます。

よかったら新宿ピカデリーでチケットを予約する際に参考にしてみてくださいね。

 

 

これが新宿ピカデリーのシアター8だ!!

まずは新宿ピカデリーのシアター8の基本スペックから復習していきましょう。

席数 157(うち車椅子席2 つ)
出口の数 右前方に1つ
スクリーンの大きさ 8.90m × 3.70m
音響設備 不明
フロア 11F

新宿ピカデリーの11階に存在する シアター。

新宿ピカデリー中ではやや小型の部類になるシアターですね。

右前方に一箇所出入口が設けられていて、縦方向に移動できる通路は左右に二つ設けられています。

 

見やすい座席は??

新宿ピカデリーのシアター8で見やすい座席はどれなのでしょうか??

「見やすい」という定義をスクリーンの中心で映画鑑賞するということにすれば、

9〜12列がおすすめです。

なぜなら、スクリーンの中心線がちょうど10と11列の間を通っているからですね。

 

その中心線に近い左右2列の席の9~12列を取っておけば、まず間違いなくスクリーンを中心で捉えることができるでしょうね。

加えて高さを出したいという方は、この列に近く、なおかつ、

E〜G行の座席を狙っていけばいいです。

 

入りやすい席は??

入りやすい座席は、

16, 19列の席

です。

なぜなら、出入り口に近い右側の通路沿いの席だからですね。

19列の席は構造上2席しか用意されていませんので、16列を貪欲に狙っていくと良いでしょう。

 

また、2列の座席も強いていうなら入りやすいです。

こちらは左側の通路沿いの席なので、入場する時にスクリーンの前を横切ることになりますが、気恥ずかしさは最初だけ。

通路沿いの席なのでいつでも好きなタイミングで出入りすることは可能です。

 

ぼくが実際に座ってみた座席

という感じで偉そうに分析してみましたが、実際にぼくが取得できた座席は、

A行16列

の座席でした。

映画を鑑賞したのが 1日のファーストデーということもあり、くっそ混んでましたね。

チケットを当日に予約したので、あいている席が限られていました。

なんとか右通路側沿いの16列を確保し、入りやすさを最優先。

一番前の席ではありますが入りやすい席を確保できました。

 

A 16からはこんな感じでスクリーンが見えますね。

初めはちょっとスクリーンと近すぎるかなと思ったんですが、映画を見るうちになれて全く問題ありませんでした。

むしろ、新聞記者という映画の映画が面白すぎて、もう座席どころではなかったです笑

 

 

さあ、新宿ピカデリーのシアター8で予約しよう!

以上が新宿ピカデリーのシアター8の見やすい・入りやすい座席でした。

最後に復習しておくと、見やすい座席ならば、

9〜12列、

入りやすい座席ならば、

16、19列の席です。

新宿ピカデリーは上映日の3日前から予約できますので、事前にオンライン予約して絶好のポジションで映画鑑賞していきましょう。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

Eigarの編集・執筆を担当。年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 Filmarksアカウントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。