1分でわかる!映画「忍びの国 」のネタバレ・あらすじ・評価・感想




映画「忍びの国」の評価

 

得点 54点
ジャンル 歴史ライト系
活用シーン デートなどの娯楽
推奨鑑賞人数 2人以上






 

映画「忍びの国」のネタバレ・あらすじ

とある、戦後時代のまっただなか。

織田の勢力が徐々に幅を利かせ、伊勢の国を侵略することに成功。

伊勢の隣の国であった伊賀という国は、忍びの術をマスターしたものたちで溢れかえる、忍者の国として知られている国だったが、この国もまた、織田の脅威にさらされることになりました。

 

伊賀の重鎮達は、まず、伊賀の中心地に織田の城を作らせ、織田の軍門に無条件で下ることをアピールしたのです。

しかし、城が完成するやいなや、伊賀のもの達が城を総攻撃。

忍者達に城を攻め落とされます。

 

怒った織田信長の息子、織田信雄は、伊賀に総攻撃を仕掛けて、父信長に知らせることなく伊賀の国を支配しようとしました。

伊賀の国も負けじと、忍者達を集めて、織田家に対抗しようと陣をはりましたが、なんと、

忍者が全然いないという事態に笑

 

忍者達は、国を守る戦には金が一文も出ないことを知っていたので、戦う気はそもそもあ利ませんでした。

忍者達は、傭兵たいもので、お金がもらえなければ戦はしないものばかりだったのです。

※以下、ネタバレ※

 

そんな中、伊賀いちの忍者「無門」が妻の「お国」に怒られて戦に参加することに。

偶然、超高級な茶碗を手に入れていた無門は、その価値を元に、

「相手の武将をとったものには5000両じゃ!」

と、敵の首に懸賞金をかけることにしました。

すると、伊賀の忍者達は一変。

ぞろぞろと、織田家との戦いに参戦していきます。

 

この突然の忍者達の襲撃に、優勢だった織田家も、一時退却。

忍者の国、伊賀が織田の勢力を追い払ったのです。

 

戦の後、超高級のお茶碗を持っていた妻のお国が忍者達に狙われ、死亡。

無門は大泣きしながら伊賀の国を去りました。

 

その後、織田信長も参戦して3万の軍勢を率いてもう一度伊賀の国を攻めにいきました。

今度はちゃんと征服することができましたが、そこには無敵の忍者無門の姿はありまんでした。

噂では、妻を殺されたことをきっかけに、いいやつなり、名もなき子を育てながら旅をしているんだとさ。

 

The End

 

映画「忍びの国」の感想

ストーリーが実際にあった日本史を元に作成されていますが、時代劇のようにヘビーではない、非常にライトなコンテンツに仕上がっています。

特に、無敵の忍者無門と、弟を殺させれた忍者との「川」と呼ばれる戦いのアクションが見どころ。

嵐の大野くんのアイドル映画だという感想も多いですが、ぼく的には歴史的勉強にもなり、かつ、優れたアクションシーンを持つスリリリンが映画に仕上がっていたと思います。

嵐好きの方も、嵐好きの女子が好きな方も、楽しめる作品なのでよかったら鑑賞してみてくださいね。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。