1分でわかる!映画「ターミネーター」のあらすじ・ネタバレ・評価




映画「ターミネーター」の評価

得点 78点
ジャンル SFドキドキ系
活用シーン デートなどの娯楽
推奨鑑賞人数 2人以上






映画「ターミネーター」のネタバレ・あらすじ

1984年のアメリカ。

2人の男が素っ裸で現れました。

1人は「ターミネーター」と呼ばれる殺人鬼マシーン、

もう1人は、ターミネーターを阻止するために送られた人間の戦士「カイル」でした。

2人とも未来の2029年からやってきたのです。

 

2029年では、地球では核戦争が起き、廃墟になっており、ロボットたちが人間を支配しようと戦争を仕掛けたのでした。

そんなロボットとの戦争で、人間の勝ちを引き寄せた指導者「ジョン・コナー」をこの世から消し去るため、その母「サラ・コーナー」を過去で殺害するためにターミネーターが送られました。

 

まず、ターミネーターは、1984年のサラ・コーナーを皆殺しにしようとします。

電話帳に乗っていたサラ・コーナーという名前の人物をかたっぱしから殺害していきました。

ついに、本物のサラ・コーナーが標的に。

 

ターミネーターはマシンガンなどでサラを殺害しようとしますが、これをカイルが阻止。

ただ、いくら銃で打ちまくっても死ななないのがターミネーター。

なんども復活して、目的のサラ・コーナーを殺害しようとしていきます。

 

警察も協力してターミネーターをとめようとしますが、ターミネーターがとんでもなく強すぎて全く役に立たず、全滅。

カイルしか頼りない状況でした。

 

※以下、ネタバレ※

 

そんな中、サラを守っていたカイルとサラの間で、恋心が芽生え、セックスをしてしまいます。

禁断の愛が実ったのです。

 

ただ、殺人鬼ターミネーターはそんな恋が芽生えようが一切関係なし。

何としてもサラ・コーナーを殺害しようと、再び襲ってきます。

カイルとサラが作った爆弾でターミネーターが炎に包まれ、焼かれたりしますが、それでもターミネーターは死なない。

表皮の部分がなくなり、ロボットの骨組みだけになりましたが、襲いかかってきます。

 

サラを守るため、捨て身で、カイルがターミネーターに爆弾を食らわせますが、ターミネーターはまだ死にません。カイルはここで息途絶えます。

 

サラはターミネーターから逃げ続け、ついに、近くにあったプレス機でターミネーターを潰しました。

ターミネーターからの猛追を振り切ることに成功したのです。

 

事件後、サラはカイルの子を孕り、産むことになります。

来たるロボットとの戦争に備え、息子を指導者になるように教育していくのでした。

 

THE END

 

 

映画「ターミネーター」の感想

ターミネーターはSFサスペンス系の映画として有名ですが、ただ怖いだけの映画ではありませんでした。

ストーリーの設定がしっかりしており、見ごたえのある映画でした。

 

やはりちょっと頭がごちゃごちゃになるのが、

サラとカイルとジョンの関係。

最後にもう一度整理しておこうと思います。

 

未来から来たカイルとサラの間にできたのがジョン。

んで、将来、カイルはジョンの部下になるのですね。

 

だから、カイルは、上司の母親と結ばれ、ジョンは部下の子供ということなります。

カイルはサラと非常に短い時間しか一緒にいませんでしたが、2人の愛が未来を救うことになるのでしょうか。

 

ターミネーターの続編に期待です。

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

Ken

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。