1ヶ月映画が見放題!TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスポートを使ってみた感想




TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスポートで映画三昧してきた

どうも、Kenです。真実は、闇、です。

 

TOHOシネマズには1ヶ月フリーパスポートがあることはご存知ですか。

こちらは文字通り、1ヶ月間TOHOシネマズで映画が見放題になる夢のようなチケット。

この1ヶ月フリーパスポートはもちろん非売品で、

シネマイレージポイントを貯めて交換すること

でしか入手できません。

 

6000ポイントでフリーパスポートに交換してもらえます。

しかし、6000ポイントには「6000時間の映画鑑賞」が必要です。

映画1本90分とすると「66~67本相当」ですからTOHOシネマズに通わねばなりませんね。

ぼくは2年間をかけて、6000ポイント貯めることに成功しました。

 

tohoシネマズ 1ヶ月フリーパスポート

 

そして、2018年12月22日から1か月有効なフリーパスポートを手にしたのです。

tohoシネマズ 1ヶ月フリーパスポート

 

フリーパスポートを駆使した結果、

15本

の映画を無料で鑑賞。

1本の映画が1800円とすると、

27,000円分

楽しんできたことになります。

 

 

TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスポートを使ってみた感想

1ヶ月フリーパスポートを使ってみた感想をメモしておきます。

 

劇場にいくまで見られるかわからない

1ヶ月フリーパスポートと言っても、すぐにハイハイ鑑賞できるわけではありません。

「当日チケット」しか発券できないことに加え、1回につき無料鑑賞の制限人数があります。

無料会員枠には

  • 6ポイントを使った無料鑑賞者
  • 1ヶ月フリーパスポート使用者

が含まれるわけです。

当日フリーパスポートで発券しにいっても、

「すみません、その回は無料会員の上限いっぱいです」

と断られてしまうことが多々ありました。

 

そのため、見たい映画のタイトルのバリエーションを複数用意し、発券しにいくといいでしょう。

映画「A」がダメだったら「B」にすればいいのです。

 

僕は早朝、 TOHOシネマズで夕方・夜のチケットを発券していました。

そして、また夕方・夜に戻って映画観賞するスタイルでしたね。

フリーパスポートではオンライン予約できず、当日しかチケットを発券できません。

フリーパスポートを駆使すためにはちょっとした工夫が必要なのです。

 

特典ももらえた

1ヶ月フリーパスポートを発行した時に、

「入場者プレゼントなどはお渡しできない場合がございます」

と言われていたので、映画の特典はもらえないかと思っていました。

 

が、僕が見た映画『ドラゴンボールのブロリー』では特典の「カード」と「ステッカー」がもらえました。

タイトルによってはプレゼントがもらえる場合もあります。

希望は捨てないようにしましょう。

 

見る予定がなかった映画にも手を出せた

フリーパスポートのいいところは、見る予定がなかった映画もすすんで鑑賞できたことです。

見たい映画ではないとわざわざ映画館にいきませんよね。

 

しかし、1ヶ月フリーパスポートを使うと、見たい映画ではなくても

「試しにみるか」

と気軽にデビューできたのが良い経験でした。

 

女性に人気の『刀剣乱舞』を男1人で鑑賞したのはその一例です。

それから『クリード1』を見ずに『クリード2』を鑑賞。

「1」をみず「2」を鑑賞してしまった映画にはその他にも

  • 『蜘蛛の巣を払う女』
  • 『シュガーラッシュ2』
  • 『ミスターガラス』
  • 『Taxi ダイヤモンドミッション』

がありました。

「2」を鑑賞した後、そのシリーズを「Amazon Fire TV」で見るという逆転現象が起きていました。

今まで手を出してこなかったシリーズに手を出し、興味の幅が広がったのはいうまでもありません。

 

ロングランがあるときつい

「ホラー映画以外」のタイトルを見るようにしていたのですが、上映スケジュールに長期間居座っていたのが『ボヘミアン・ラプソディ』。

人気すぎるゆえか、1ヶ月フリーパスポートを使用し始めた「12月22日から1月21日」の1ヶ月、まるまる上映していました。

しかも、通常版に加えて、

  • IMAX
  • 胸熱応援上映

という3形式で3スクリーンを使っていました。

ボヘミアン人気によって、タイトルのバリエーションが制限されていたのです。

『ボヘミアン・ラプソディ』効果のため、そのぶん新しい映画が入ってきませんでしたね。

 

映画館に通う生活も悪くない

上映スケジュールを毎日眺め、

「今日はどの映画を鑑賞しようか」

と迷う贅沢な生活を送ってきました。

 

その結果、

映画館に通うのはかなり楽しい

と気づいてしまったのです。

映画界の最前線で鑑賞し続け、レビューしていく、という「映画評論家のような生活」を送れました。

「最新作は問答無用で見る」というスタイルを貫くと、新しいジャンルに挑戦できて守備範囲が広がります。

この習慣、悪くありません。

 

 

さあ、TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスポートを目指してみよう

6000マイルを貯めるのは正直大変でしたが、贅沢な映画ライフを満喫できてよかったです。

ただし、フリーパスポートは2019年の12月31日で終了予定

6000ポイント貯められそうな方は、なるべく映画館を TOHOシネマズに絞り、お早めに1ヶ月フリーパスポートを獲得してみてください。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。