TOHOシネマズ日比谷で映画鑑賞する前に知っておきたい2つの注意点




 

TOHO シネマズ日比谷はその名の通り、日比谷にある東宝の映画館。

この前、初めて映画鑑賞しに行ったところ、

トラップが多くなかなか難易度が高い映画館だと感じました。

初めてTOHO シネマズ日比谷に行くビギナーの方だと、戸惑って右往左往して映画の時間に遅刻してしまう可能性もありますね、正直。

 

 

TOHOシネマズ日比谷での映画鑑賞前に知っておきたい注意点

そこで今日は、実際に TOHOシネマズ日比谷で映画鑑賞してきた僕が、

TOHOシネマズ日比谷で安全に映画鑑賞するために知っておきたい注意点

を2つ紹介します。

 

スクリーン12・13はミッドタウン日比谷にはない

まず知っておきたいのが、

TOHOシネマズ日比谷はスクリーンごとに建物が違う

ということですね。

TOHOシネマズ日比谷はミッドタウン日比谷の中にあると思ってる方がいるかもしれませんが、これは

半分正解で半分間違い

です。

なぜなら、スクリーン1〜11まではミッドタウン日比谷の中にありますが、

それ以外のスクリーン12、13は宝塚劇場の地下にあるからです。

スクリーンによって、

  • 宝塚劇場地下
  • ミッドタウン日比谷

と建物が全く別になるので、スクリーンの番号によって目指す建物を変えなければなりません。

ただ、ミッドタウン日比谷と宝塚劇場は奇跡的に地下でつながっています。

ミッドタウン日比谷の地下一階に宝塚劇場への通路が通っているので、ミッドタウン日比谷ないからスクリーン12、13を目指すことも可能です。

また、ミッドタウン日比谷に入る前にスクリーンの違いに気づいた方は、ミッドタウン日比谷の横に宝塚劇場地下への入り口があるので、そちらから現地入りしてもいいでしょう。

ということで、まずは鑑賞予定の映画がどのスクリーンなのか?をチェックしておくべきです。

 

シャンテとの混同

TOHOシネマズ日比谷にはもう1つトラップが用意されていて、

TOHOシネマズシャンテとの混同

です。

実はこの TOHO シネマズ日比谷の近くに、もう1つ「TOHOシネマズシャンテ」というTOHOの映画館があるのです。

たぶん、この一帯は東宝の聖地でもあるためか東宝関連の映画館が集結してしまっているのです。

両方とも TOHO シネマズの映画館であることには間違いないんですが、シャンテはシャンテ、日比谷は日比谷ですので、完全に別物として認識した方がいいです。

先日、シャンテに映画を見に行った時に、TOHO シネマズ日比谷で映画チケットを予約してしまった方がシャンテに来てしまっていて、スタッフに誘導されている悲劇を目撃しました。

スクリーンだけでなく TOHO 違いにも注意しましょう。

 

それでは!

Ken

自宅での映画鑑賞に便利なおすすめVODサービス

2020年に自宅で映画みるならテレビ、スマホ、パソコンで動画を再生できるVODサービスがおすすめです。

インターネット環境さえあればいつでも何作品でも好きなだけ鑑賞できますよ。

 

第1位. Amazon Prime Video

月額料金(税込) ¥500
作品数 1.5~3万作品
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、ミュージックビデオ
特徴 安い。レンタルも可能。Amazon Primeの他の特典もあり
無料体験期間 30日間

 

第2位. U-NEXT

月額料金(税込) ¥2,189
作品数 見放題1万作品、レンタル1500本
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、まんが、雑誌、電子書籍、ミュージックビデオ
特徴 幅広いコンテンツの種類。レンタルも可能
無料体験期間 31日間

 

第3位. Hulu

月額料金(税込) ¥1,026
作品数 7万作品
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、ライブTV
特徴 アニメ作品に手厚い
無料体験期間 2週間

ABOUTこの記事をかいた人

ケンサワイ

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。