【洋画・邦画対応】弁護士が活躍する!おすすめの裁判映画まとめ8選




 

映画のジャンルは様々ですが、最近ハマっているのが、

弁護士の映画です。

裁判の機会は日常生活であまりませんよね?

映画を見てみることで、裁判を疑似体験できて「もしものとき」に備えられます。

 

 

弁護士が活躍する!おすすめの裁判映画まとめ8選

そこで今日は、印象に残っている「裁判が舞台の弁護士が活躍する映画」を紹介します。

 

I am Sam

知的障害者のサムが少女ルーシーを育ててきたのにもかかわらず、親権が奪われようとしています。

この状況に、敏腕弁護士が立ち上がりました。

裁判本番に備え、サムと弁護士が練習するシーンは印象的ですね。

 

ビリーブ 未来への大逆転

アメリカで女性差別撤廃の流れを作った女性弁護士「ギンズバーグ」の話です。

男ばかりのハーバードロースクールを首席で卒業しましたが、弁護士事務所には「女性である」という理由で入れず。

代わりに、法律系の大学で教鞭をとっていました。

しかしながら、「男性であることを差別された男性」を弁護することで、

性差別の判例を作るチャンスが巡ってきます。

女性差別撤廃につながる判例を作ろうと、法廷に立ったことがない未経験ながら弁護士を務めます。

この映画を見たら法学部に入りたくなるでしょう。

 

エリン・ブロコビッチ

シングルマザーのブロコビッチが、交通事故でお世話になった法律事務所で強引に働き始めます。

そこで、突如、法律に目覚めます。

ある石油会社の採掘によって、地域住民が公害を受けている問題に対し、ブロコビッチが得意の語りと綿密な実地調査で挑みます。

「仕事に熱中する」とはこういうことか、と唸らされますね。

 

クレイマー、クレイマー

裁判映画の中の裁判映画といっても過言ではない名作。

親権争いがメイントピックで、何回も裁判のシーン出てきます。

もちろん、印象的なのはパンケーキのシーンです。

 

ビッグ・アイズ

妻の作品を、自分の絵だと偽っている男の話です。

裁判のシーンが出てくるのは終盤ですが、ものすごく印象に残っています。

いったいどっちが本物の作者なのか?

を法廷で証明していましたね。

 

それでもボクはやっていない

痴漢の冤罪を描いた作品です。

「痴漢」と言われてから駅の窓口に連れていかれ、そこから拘置所へ直行。

起訴され、裁判に至る流れが細かく描かれています。

この映画を観て以来、電車に乗るのが怖くなりました。

 

女神の見えざる手

ジェシカチャスティンのマシンガントークが炸裂するとんでもない映画です。

銃規制のために働きかけるロビイストの女性が、銃規制反対派の妨害を受けながらも頑張る話。

彼女は弁護士ではありませんが、隣の弁護士が「えっ?」という顔をしてしまうぐらい雄弁な姿が脳裏に焼きついています。

 

別離

まさに「イラン版クレーマークレーマー」。

つまり、親権を争うイランの夫婦が描かれています。

親権争いが、子供の前で繰り広げられていて、大人の事情に翻弄される子供に同情。

大人って厄介です。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。