映画「わたしはわたし〜OL葉子の深夜残業〜」のラストシーンから考える2つの説




映画「わたしはわたし〜OL葉子の深夜残業〜」のラストは意味深だった

先日、Amazonプライム・ビデオで見放題の映画で「わたしはわたし〜OL葉子の深夜残業〜」を見てみました。

蓋を開けてみたらとても官能映画だったので、決してデートとかで見てはいけない映画で、こっそり一人で家で見るのをおすすめしますね笑

確実に大人向けの映画であることは変わらないのですが、実はこの映画、

ラストシーンの3秒は超意味深だったのです。

この意味深なシーンのおかげでこの映画に対する色々な解釈ができるようになるのです。

 

ここからはネタバレ

 

 

映画「わたしはわたし」のラストシーンから考えられる2つの説

問題のシーンはこちらです。

二重人格を解消するためのミッションを終えて、ようやく穏やかな人格を獲得した主人公。

人格が元の私に戻って一安心というところで、これで終わりかと思いきや、最後の最後にどんでん返しが起きました。

主人公の女性が眼鏡をとって、夜の人格の口調で

「私は私よ」

と言うのです。

わたしはわたし〜OL葉子の深夜残業〜より

このラストシーンの3秒で、

二重人格になってしまった女性が克服して元の生活に戻る

という物語が一気に崩れ去る解釈も出来るのです。

僕がこの事実から想像した物語は次の2つです。

 

最初から二重人格じゃなかった説

この映画では寝ている間に夜遊びをしてしまう人格の女性が描かれていましたが、このラストシーンの3秒によって、もしかしたら

最初からそんな二重人格はおらずただの演技だった

という説が考えられます。

気になる異性を仕留めるため、嫌な上司をギャフンと言わせるために二重人格であると演技していた可能性があるのです。

だとしたらこの「わたしはわたし」という映画の見方も変わってきますよね。

二重人格を持ってしまった不思議な女性の怪奇現象、という物語から、

計略性のある頭のいい女性が二重人格を装って周囲を翻弄する

という女性の強さが際立つストーリーになってきます。

 

最終的に夜遊びの人格に乗っ取られた説

次に考えられるのが、

二重人格ではなくなったのですが、最終的に、

夜遊びの人格に乗っ取られてしまった

というストーリーですね。

ミッションを終えることで本来の自分ではなく、夜の人格になってしまったのです。

物語の途中で主人公が

「乗っ取られそうなんですよね」

と会社の人にぼやくシーンがありましたが、この説ではそれが現実化してしまって、

穏やかな優しい人格は消えてしまった

ということになります。

そのため、最後のシーンでは、夜遊び人格が穏やかなふりをして、あたかも穏やかな人格が戻ったことを演技しているとも考えられますね。

いやー実に意味深ですね。

 

という感じで、この「わたしはわたし」という映画はラスト3秒のシーンからいろいろな解釈ができるようになります。

どちらも女性の強さが際立つようになっていて、こう考えると、

あの映画はただの官能映画ではなかった

ということになります。

これはあくまでも僕の解釈なので真相は闇です。

この映画を見て僕と同じ感想を持った方がいると嬉しいですね。

 

それでは!

Ken

自宅での映画鑑賞に便利なおすすめVODサービス

2020年に自宅で映画みるならテレビ、スマホ、パソコンで動画を再生できるVODサービスがおすすめです。

インターネット環境さえあればいつでも何作品でも好きなだけ鑑賞できますよ。

 

第1位. Amazon Prime Video

月額料金(税込) ¥500
作品数 1.5~3万作品
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、ミュージックビデオ
特徴 安い。レンタルも可能。Amazon Primeの他の特典もあり
無料体験期間 30日間

 

第2位. U-NEXT

月額料金(税込) ¥2,189
作品数 見放題1万作品、レンタル1500本
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、まんが、雑誌、電子書籍、ミュージックビデオ
特徴 幅広いコンテンツの種類。レンタルも可能
無料体験期間 31日間

 

第3位. Hulu

月額料金(税込) ¥1,026
作品数 7万作品
映画以外のコンテンツ ドラマ、アニメ、ライブTV
特徴 アニメ作品に手厚い
無料体験期間 2週間

ABOUTこの記事をかいた人

ケンサワイ

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。