【ネタバレ&感想】『天気の子』でブラック企業問題を思い出した




『天気の子』の感想を書いてみる

新海誠の『天気の子』をみてきました。

ここからがネタバレなので注意

 

僕が感じたのは、

「自立」がテーマ

ということ。

少年の帆高、晴れ女の陽菜(ひな)、就活中の夏美(なつみ)が

どうやって飯を食っていくのか?

と、それぞれが必死に考えて、もがく様子が描かれています。

自立や独立、成長といった人生の1ステージが描かれていて楽しい映画でした。

 

この映画で引っかかったのが

  • 陽菜が人柱になって消えた
  • 陽菜が復活したら、雨が降り続いて、東京の一部が沈んだ

の2つ。

 

天気の子 ネタバレ 感想

 

何気なくて見ていたのですが、

終盤にでてきた「立花の老婆」の一言でハッとしたのです。

 

彼女は

200年前ぐらいまでもともと海だったのよ。元に戻ったと思えばいいじゃない

といってましたね?

老婆の言葉を聞いて、主人公の帆高は

もともと世界は狂っていたんだ。自分たちのせいじゃない

と、「東京の沈没には、自分たちに非がない」と思うようになります。

 

これらのことから、僕は

ある暗喩・メタファー

を感じ取りました。

それは、

  • 「雨で沈む東京」→「失われた30年を歩む日本経済」
  • 「晴れのために犠牲になった陽菜」→「無理に働かされているブラック企業の若い労働者」

です。

 

天気の子 ネタバレ 感想

 

晴れ女の陽菜は

日本経済のために働かされた結果、精神を病んだ若者

を暗示しているのではないでしょうか。

僕自身「失われた30年」とともに人生を歩んできた身で、ブラック企業で働いていたこともあるのでハッとしたのです。

 

そう考えると、あの老婆の

200年前はもともと海だったんだからいいじゃない

という発言が新たな意味を帯びてきます。

「200年前は江戸時代で、鎖国してたんだから気にすんな、若者」

と。

もしかしたら、この映画の「真の主題」は、

バブル崩壊後の不況を生きてきた若者へのメッセージ

なのかもしれません。

「日本の不況はお前のせいじゃない、気にすんな」

 

現に、映画では「ブラック労働」というキーワードが頻出。

帆高は「月給3000円」で使われていた事実が浮き彫りになり、夏美が

超ブラックじゃん、そりゃ他でバイトしたくなるわ

と発言がありました。

劇中で「ブラック」というキーワードが出てきたこともあり、こう考えざるを得ません。

僕と同じ感想、解釈を持った方がいると嬉しいですね。

 

それでは!

Ken

ABOUTこの記事をかいた人

年間120本ぐらいのペースで映画をみており、映画館にも足繁く通っている。好物は生姜焼き。 LINEでおすすめの映画情報を発信しています。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。